百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

PC case of Mannequin episode.2 

マネキンケースの2回目はボックスの製作になります。
先週更新するつもりでしたが思ったほど作業が進まず、実質2日かかったことに。
ヤスリがけや各所の調整が残っていますが、イメージとほぼ変わらない出来かと。

このボックスですが、計画当初マネキンにすべてのパーツを入れるつもりでいたので、
作る予定がまったくなかったんです。
それを曲面にパーツを固定するのが面倒って理由で急遽作成することにしました。
結果、ボックスを作ることで排気ファン以外はマネキンに固定する必要がなくった。
まぁ、楽な道を選んだってことになりますかねw

ボックスの素材は3mm~10mmのアクリル板。
アングルと基板垂直取付用ブロックを使って箱にします。
組み立てるだけだと簡単な作業なのですが、面倒なのが切り抜き。
最終的にマネキンには服を着せることになるので、
排気ファン以外の開口は設けることができません。
なので、マザーボードの各コネクタを延長しボックスまで持ってくる必要があります。


LANとDVIjは延長してメスコネクタをボックス背面へ。
USBとオーディオはLian Liケース用のフロントI/Oポートを同じくボックス背面へ。

それぞれに必要な開口の位置を決め下書き。


画像は前面と背面になるパネルです。
コネクタ以外にも電源・ファンコントローラ・スイッチ・光学ドライブ用の開口が必要。
背面パネルには吸気用の開口もあけておきます。

切り抜き完了。


PCケースのModだとこのように切り抜く必要がほとんどないのですが、
PCケース以外の物やケース自作だと必ず発生してくれます。
地味に見えるこの作業、かなり面倒w
まだ使ってませんが、この作業の為に糸鋸盤を購入したと言ってもいいぐらいですw

アングルと基板垂直取付用ブロックで組み立てます。


穴あけてネジで固定しただけw
ネジ穴が1mmずれると綺麗な箱にはなりませんので、
慎重になるところもありますが作業は簡単です。

前面にファンコンとスイッチを取り付けてバランス確認。


スロットインドライブは左でも良かったかな。
まぁ、これでも違和感はないと思います。

残りのパネルを取付。


底のパネルは10mmの透明アクリル。
インシュレーターが見えてますが両面にアルミを貼るので最終的に見えなくなります。
以前作成した まな板 と同じ方法でエッジ部分は光らせます。

アングルでマザーボードトレイを固定


マザーボードトレイを固定している天板のフロント側に吸気ファン
リア側にケーブル用の開口をあける予定。
このときに糸鋸盤を使用します。

ボックスの全体画像
manne2-8

マザーボードとSSD・HDDはトレイに固定し、その他パーツはボックス内部に固定。
これだけ見ると はっきり言ってダサいw

これにマネキンを被せます。


イメージ通りで良い感じかな。
ケース?がほぼ完成するとパーツを設置したところで見え方が少し違えど
大きな変化はないので順調に進んでいると言えます。
問題があるとすれば光り方ですね。
こればかりはどうなるかイメージできてませんw
良作になるのか駄作になるのか・・・ 楽しみですw

次回は各パーツの設置になるかな。
アルミ板貼ったり、ファン穴あけたりと作業はまだまだ残ってますが、
効率の良い作業ができるように頑張ってみます。

Posted on 2014/09/14 Sun. 23:29 [edit]

Case of Mannequin  /  TB: 0  /  CM: 0

Makita MSJ401 

休日にマネキンを固定するボックスを作成していましたが、
切り抜く場所が多くて・・・
ボックスになってれば記事にできたのですが切り抜くだけで終わってしまった・・・

テーブルソーを使えば時間のかからない切り抜き作業ですが、
小さめの開口には使えないんですよね。
そうなると手ノコで地道にやるしかない。
正直、10mmのアクリル板にファンの開口あけるほうが楽w

まだ残っている切り抜き作業と効率を考えてみると・・・
やっぱ手に入れるしかないw

Makita MSJ401


糸鋸盤です。
いつか手に入れるつもりでいたので、躊躇することなく購入。
まだ使用していないので、どれほどの実力があるかわかりませんが、
大きさといい重さといい期待を裏切らない気がするw
価格から考えるとおそらくDIY用かな。
ユタカの糸鋸盤ほしかったんやけどね・・・ 価格が・・・w
糸鋸盤を頻繁に使うようなら次買うときはユタカにしよう。

レビューは苦手なので、詳しくは書きませんが
作業記事を書くときに、使える使えないぐらいは書こうと思ってます。

Posted on 2014/09/10 Wed. 23:06 [edit]

PC case of Mannequin episode.1 

マネキンケースの作業開始です。
まだパーツは揃っていませんのでできることからやっていきます。

episode.1はマネキンの加工です。
まずは貼り合わせてあるマネキンを胸部と背部にわけます。


接着剤で貼りあわせている部分にアクリルカッターで軽く溝を入れ、
普通のカッターで切り離していけば分解できます。
難しくない作業ですが割れや欠けに注意が必要なので時間はかかりました・・・

各パーツの設置位置を決めます。


マネキンの内部に設置するメインパーツはマザーボードとSSD・HDDのみ。
メインパーツ以外のパーツは排気ファンと光物の基盤ぐらいかな。
マザーボードの位置は画像の位置で決定ですがドライブ類は変更するかもです。

大まかですがパーツの位置が決定したので次の作業に。
今の段階だとバランスが悪いのでここで修正。
下腹部の大きめな空間をカットしてバランスを良くします。


股上5cmぐらいのところでカット。
マネキンの素材の厚みが場所によって5mmほどあるのでアクリル用ノコギリでカット。
手ノコなので若干波打った状態になってます・・・ (真っ直ぐ切るのは至難の業ですw)

パーツを置いてバランス確認。


上半身のみのマネキンになってしまってますが、いい感じですw
腰の位置がSSD・HDDの設置場所になるので大きめの空間は無くなりそうかな。
で、残りの電源や光学ドライブの設置場所ですが、マネキン内部には設置しません。
依頼を受けたときはマネキン内部にすべてのパーツを収めるつもりでいましたが、
マネキン内部はほぼ曲面でパーツを固定するのがかなり面倒なんです。
そこでふと思いついた方法でいこうかと。



胸部と背部をテープで仮止めした画像です。
底部の大きめの開口を吸気にするのですが、浮かしてやる必要があります。
どうせ浮かせるなら電源等を収納できるボックスを作り、吸気ファンもボックスに固定して
うえからマネキンを被せてみようかと。
簡単に説明すると、まな板に箱を被せてケースにしてしまうみたいな感じですかね。
ボックスにマザーボードトレイを固定すれば、マネキンを加工する必要がほぼなくなります。
上手くいけば作業時間の短縮も可能。

詳しくは次回のボックス作成記事で紹介します。

Posted on 2014/08/31 Sun. 23:54 [edit]

Case of Mannequin  /  TB: 0  /  CM: 4

PC case of Mannequin 計画 

約2ヶ月ぐらい放置してましたが、本日より再開です。
いろいろあってTool Box PCを完成させてから何の作業もしてませんw
1番の理由は作りたいと思うアイデアが浮かばなかったことですかね。
まぁ、纏まってきてますが完璧とは言えないので壁掛けはもう少し先になりそう。
自分のペースでぼちぼちやっていくことにします。
で、今回の記事の内容なのですが、新たに1台組み上げることになったのでその報告です。

依頼品になるので、今回も空冷で組みます。(依頼品は基本的に空冷PCです)
マザーボードのサイズはmicro-ATXでVGAは使用しません。
メインの構成はごく普通のPCになります。

で、ケース。
今回はこれを使います。


透明なマネキンですw
前回の工具箱といいなんか路線がずれていってるような気がしないもないですが・・・w
大きさは70cmぐらいあります。
バランスを考えてカットする予定ですが、パーツ類は問題なく収まるサイズです。
何の素材かはわかりませんw アクリルではないと思う。
なかなかの存在感なので、あまり派手にはせず光物も控えめにしようかと。
頭の中にある完成イメージ通りにできれば、そこそこ見れる作品になると思います。


作業の内容はいつものように工程ごと記事にしていく予定で、
回数としては5回ぐらいの更新で完成画像を公開できると思います。

Posted on 2014/08/24 Sun. 23:48 [edit]

Case of Mannequin  /  TB: 0  /  CM: 4

PC case of Tool Box Final 【episode.5】 

前回の記事から1ヶ月経ってますが、Tool Box最終です。
残りの作業が思った以上にあって、やってるのに進まない状態。
おまけに記事にできるようなネタもない。
そんなこんなで今に至るわけです。

まぁ、更新してない言い訳はこれぐらいにして、早速詳細から。

CPU
 Intel Core i5 4570
M/B
 GIGABYTE GA-B85M-HD3
Mem
 ADATA AX3U1600W4G9-DB
SSD
 ADATA ASP900S3-128GM-C
HDD
 HGST 0S03509
DVD
 Panasonic UJ-8C5
PSU
 SilverStone SST-ST45SF-G
CPU Heatsink
 Thermalright AXP-100R
Case Fan
 BeQuiet Silent Wings 2 120mm x2
Fan Controller
 Akasa 3.5 Brushed Aluminium Three Channel Fan Controller
Case
 AstroProducts Tool Box







TB5-5.jpgTB5-6.jpg

TB5-7.jpg

TB5-8.jpgTB5-9.jpg

TB5-10.jpg

TB5-11.jpg

TB5-12.jpg

TB5-13.jpg

TB5-14.jpg


LEDはドライブ側に赤、メインパーツ側は白。
エッジを上手く光らせるのに拡散シートを貼り付けてあります。(トレイの両面)
画像ではオレンジぽく見えますが実際は赤で綺麗に光ってくれてます。

埃対策とパーツの保護の為、トップに透明アクリルを取付。
6本のアルミパイプで柱を作り、寸切り(全ネジ棒)で各トレイと透明アクリルを固定。

今回は初の試みでPCケースではない箱使って組んでみましたが、
PCケースModと違った難しさみたいなものがありました。
使用する箱の大きさで選ぶパーツが変わってきますし、
パーツを固定する場所を全部作らないといけない。
まぁ、その分見たときのインパクトは強いと思いますが・・・たぶんw
そこそこの大きさの箱であれば、PCケースにすることが可能なのもわかったし、
極めればPCをインテリアの一部とすることもできるんじゃないかと。
これは自分にとってプラスだなw
機会があればこれからも挑戦していこうと思ってます。

今後の予定ですが、M8の前に1台作ります。(これは自分用)
M8の後にしない理由は、M8とサブ機のProdigyと2台のモニタをデスクに置けない。
Prodigyを足元に置けば何の問題もないのですが、
折角見せるPCを作ってるのに見えなくなるのがねぇ・・・w
まぁ、そんな理由でProdigyを解体し、
壁かけできるPCケースをアクリルとアルミを使って作ろうかと。
Wall PC Caseで検索すれば何台かでてくるあれですね。
パーツの変更は水冷パーツとメインパーツの一部ぐらい。
できるだけ低予算で組めるように考えてますが、アクリルは10mmか8mmを使いたいですね。
今はまだ計画段階なので詳しく書くことはできませんが、
纏まり次第記事にしていこうと思ってます。

Posted on 2014/06/15 Sun. 16:10 [edit]

Case of Tool Box  /  TB: 0  /  CM: 4

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。