百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

新たに購入してみた 

かなり悩みましたが、グルーガンを買い換えました。
今まで使っていたのが壊れた状態で、通常トリガーを引けば接着剤が出るのですが、
トリガー部分が壊れてしまい、スティックを指で押し込んで使ってたんですw
LEDをストップフィッティングに取り付けるぐらいにしか使用しないので、
騙し騙し壊れたものを使ってましたが、りくんちゅ。パパさんからのコメントを参考に
エキスパンドメタルを取り付けるのに使ってみようかと。

金属用ボンドや両面テープで取り付ける方法もありますが、
ホコリが付着するのがどうもね~。

ホットボンドだと硬化が早く粘つきがほとんどないので、これはありだなって。
グルーガン使ったことあるのに、気付きもしませんでしたw

今までは超安物のグルーガンを使用していました。


低温タイプのグルーガンでホビー用です。

で、新しく購入したグルーガン。


HAKKO 805-1です。
こちらもホビー用ですが、高温タイプになります。
低温に比べ接着剤が硬化する時間が長いので、もたもたしてても固定できますw

元々グルーガンは高温タイプしかなかったらしく、
家庭での需要が増え火傷防止の為に低温タイプが作られたらしいです。

高価なグルーガンだと低温と高温を切り替えができるものもあります。1万超えますがw

今回購入したグルーガン、安値なのにノズルが交換できるんです。
ノズルの種類は少ないですが、これを選んだ1番の理由になりますかね。

付属されている丸穴のノズル。


別売の平型タイプのノズル。


エキスパンドメタルの取り付けはLEDの固定と違って接着面が大きいので、
平型タイプのほうが使い勝手が良いと思うんです。
あまり使うことがないかもしれませんが、なかなか良い性能じゃないかと。
プロが認める性能と耐久性!って箱に書いてましたしw


と、ここまではよかった・・・

注文してからしばらくしてわかったことなんですが、
接着剤のサイズが2種類あるんですよね・・・
壊れたグルーガンは直径7mmのスティックで、購入したグルーガンは11mm。
11mmの接着剤を購入すれば問題ない訳ですけど、11mmって透明以外の売りがないw
他の色は海外からの取り寄せになります。(7mmは色の種類が豊富で国内で買えます)
しかも使える接着剤が決まってるときた。
高温・低温まで調べといて接着剤のサイズが2種類あることを調べてなかったw

まぁ、仕方ないので接着剤を買っておきましたが、


でかいねんw
比較で7mmのスティックと並べてみましたが、これ一生かかっても使いきれんと思うw

グルーガンのサイズ比較。


中型サイズになるので若干大きめになってますが、仕組みは同じですね。
ノズルが変更できて高温タイプを選んだだけなのに、いろいろと勉強になりましたわw
まぁ、ブログネタになったんでよしとしますかね。

レビューは使ってないので今は何とも言えませんが、どっかの記事に便乗して記載します。
詳しくレビューするのは性格上無理なので、使いやすいか使いにくいか書くぐらいですw
個人差もありますしね。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/10/05 Fri. 23:17 [edit]

アルミ板の購入は 

アルミ板を何処で購入していますか?と問い合わせを頂いたので、
お答えついでと言ってはなんですが、記事にしてみました。

使用しているアルミ板は、タカチ電機工業製で直接購入もできるみたいですが、
取り扱っているショップから簡単に購入できます。

よく利用するショップは、マルツパーツ館さん と edenki(イーデンキ)さん で、
タカチ電機工業さんのカタログに載ってある規格サイズのみ購入可能。

規格サイズ(A.Bは寸法でtは厚みです)




私が利用しているショップはどちらも型番で表示されています。
アルミ板以外にもL型アングルやパンチングメタル等の販売もされているので、
型番が知りたい方は、タカチ電機工業さんのサイトで調べてみてください。


私のModでアルミ板は圧倒的に使用頻度が高く、アクリルも使いますが、
アルミのほうが厚みがなくても強度があるので、様々な用途で使用できると思います。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/07/22 Sun. 23:51 [edit]

ある意味重要 

PCを起動させる為のパーツや水冷パーツはもちろん重要ですが、
アルミ板やアクリル板等の素材も私には重要で、ないと話になりません。

ぼちぼちですが進めていくのに素材が必要になったので、購入しておきました。
素材はあまり考える事なく購入するのですが、
今回はアルミ板1枚買うのに考えに考えて注文しています。
P

いつもは厚さ1.5mmを使っていますが、今回は1mmのK-14に。

PC-6Bは背面パネルの加工が複雑で、特殊な機械がないと作れない部分があります。


なんとなくですが、1mmだとこれ作れそうな気がするんですよねw
ケースは1.5mmの厚みがあり1mmだと弱くなるので、1mmを2枚重ねてみようかと。
考え出した答えは安易ですが、かなりいい感じになると思ってますw

サイドパネル穴処理用メッシュとL型アングルも一緒に注文。




すぐには必要ないですがLEDも買っておきました。



購入したのは、すみれLEDを出してる星和電機さんの「ろうそく」です。
抵抗計算をしなくていいCRDも一緒に購入。


パステルカラーLED、他にもこんな色があります。



アルミ板が届き次第、作業にかかっていきます。
次回のMod記事で背面パネルの作り直しを紹介する予定です。
まぁ、上手くいけばの話ですがねw


どうでもいいことですが、
Mod前にネジBOXの整理をしておいたので綺麗になったのを見てやってくださいw


ネジの種類が多くなると分けておかないと、探すのに結構時間かかるんですよね。
これで少しは短縮できるかと。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/07/06 Fri. 23:14 [edit]

備えあれば憂いなし 

Case Modをしていると、作業中に「あの工具があれば楽やのに」って事がよくあります。
必要だと思えば買いに走るので、Mod PCを1台作ると工具が数点増えますw
日々増えつつある工具ですが、アルミ板やアクリル板を加工する私には、
電動工具がないと始まりません。
動力が手動の工具に比べて高価な物が多いのですが、作業効率に桁違いの差がでます。

そんな電動工具をどういった用途で使えるのかを纏めてみました。
私の所有している工具のみなので、数は少なめです。


インパクトドライバー


Makita TD132DRFXW
使用頻度・・・★★★★★

万が一壊れたら、その日のうちに同じ物を購入するぐらい重要な工具です。
100Vの物もありますが、これは充電式になります。
20mm以下の穴をあけるのに使用しています。(ネジ締めはドライバー)
ビットを取り付けて使用します。


インパクトドライバーで使用しているビットです。
アクリル用・ガラス用なんかもあり種類は豊富ですが、揃えるとなると結構な金額になります。
ネジ穴あける程度なら、ドリルビット3本ほどあればいけるかな。


電気ドリル


Makita 6408
使用頻度・・・★★★☆☆
ファン用の大きな穴をあけるのに使用しています。
インパクトドライバーと違ってテンションがかかっても回り続けるので、
使用には注意が必要です。(腕が持っていかれると危険)


電気ドリルに使用しているビットです。
自在錐は130mmぐらいの穴まであけることが可能。
ホルソーはサイドパネルの穴あけ時、四隅に曲がりを入れるのに使用しています。


ディスクグラインダ


Makita GA4033
使用頻度・・・★☆☆☆☆
厚みのあるアルミ板の切断に使用しています。
基本アルミ板は1.5mmを使っているので、あまり出番はありません。
室内で使うと、いろいろと大変なことになりますw


金属切断用ディスクです。
切断用以外に磨き用や面取り用なんかもあります。


リューター


Dremel 300
使用頻度・・・★★★☆☆
以前にも紹介しましたが、切り抜きの出だしに使用しています。
長時間使用すると、かなり熱を持つが欠点。
先端を交換することで研磨や穴あけもできますが、私は使ってません。


その他(一応電気で動くのでw)


プラジェットミニ(ヒートガン)
使用頻度・・・★★★★☆
スリーブ加工になくてはならない工具です。
インパクトドライバー同様、壊れたらその日に購入すると思います。

ハンダゴテ
使用頻度・・・★★★☆☆
光物を作ったり、ファンのLEDの交換時に使用します。
電子部品にはワット数が低めのほうがいいと思います。

グルーガン
使用頻度・・・★★☆☆☆
ハウジングや水枕にLEDを固定するのに使用します。
超安物なので、最近調子が悪くて・・・w
あんまり使う事ないから買い換えるのに躊躇してますw

あとアクリル曲げ機ってのがあるんですけど、まぁ使いませんw
アルミ板曲げるほうは、かなり使うんですけど電動工具じゃないので。

普通にCase Modするなら必要のない電動工具も紹介してます。
私が必要と思っただけなので、真似して揃えないようにw
購入するなら、よく考えてからにしてくださいね。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/07/01 Sun. 22:42 [edit]

蓋をどうするか 

レイアウトの変更を前回少し紹介しましたが、
それに伴ってアルミ板やアクリル板が必要になってきます。
その中でModの定番になってきている電源隠し、PC-6Bでも作ろうと思ってます。

今回ModするPC-6Bは電源以外にラジエターも設置するので、
両サイドにパネルを立てて蓋をする方法は使えません。
なので、両サイドはフレームのみを作成し、上に蓋を置く感じになります。

GT900、PC-A04、M8とModしてきましたが、蓋に使ったのはすべてアクリル板でした。
計画当初はPC-6Bもアクリル板(乳白アクリル)を使用し、
ELインバータが余ってるので、ELシートを使用するつもりでした。
しかし、それだと面白くないと最近になって思うようになり、
何か使える素材はないかと、いろいろ調べてみました。

まずはガラス。
アクリルより高級感があり傷が付きにくいが、加工が恐ろしく難しい。
GT900のサイドパネルをステンドグラスにした事があります。


もし蓋に使うならフラットな物より、色付きの凹凸のあるアンティークガラスを使用したい。

問題は加工かな。
ガラスカッターしか持ってないので直線でしか切断ができないし、
穴をあけるのに、笑うぐらい時間がかかります。
何度も経験しましたが、どの工程でも気を抜くとすぐ割れます。

蓋に使用しなくても、サイドパネルを部分部分で切り抜いてステンドグラス風にしても面白い。
まだ決まってないけど、どこかにガラスは使用してみます。


次に縞鋼板。


縞鋼板模様を恐ろしく高いレベルで塗装されている方もいますw

アルミ板を使用している物があるので、加工は難しくないと思いますが、
5mmぐらいの厚みは欲しいとこなので、グラインダーで加工することになりそうです。

こんなのもありました。


ステンレス板に模様を付けた物ぽいです。綺麗ですがSUSは加工が難しい。


最後にアクリル板ですが普通のと違います。


メタリックカラーのアクリル板です。画像以外の色もあります。
模様の種類も豊富で凹凸のある模様もある。



オーストラリアのメーカーで入手するには、もう少し調べる必要がありますが、
これ面白いと思います。
国内でもありそうな物なのに、需要が少ないと作ったり取り扱ったりしませんもんね。
水冷パーツもそうですが、需要がないから取り扱ってない店舗多いでしょうね。

まだ蓋にどの素材を使うか決まってません。
他にも使えそうな物がないか、もう少し調べてみようと思います。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/06/12 Tue. 23:28 [edit]

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。