百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

これは使ってみたい 

まだ先の話ですが、次回M8のメンテナンスの時にリニューアルを考えてます。
リニューアルの内容は水冷パーツの変更と水路の変更になるかと。
詳細はメンテナンス前にでも改めて記事にする予定にしています。

1つだけ記載しておくとリザーバーは確実に変更します。
現在使用しているリザーバーはEKの筒型のタイプになりますが、いまいちなんです。


EKに限らず、このタイプのリザーバーって赤丸のネジ部が見えてるんですよね。
アクリル部分は外ネジでポリアセタール部分を内ネジにしてほしいところです。
内ネジ外ネジが逆になっててネジ部が見えないリザーバーあるにはあるんですけど、
どこのショップも売り切れで、数ヶ月見ていますが入荷されたことがありません。

Danger Denのリザーバーに戻すかを考えてたときに見つけたのが、
Aquacomputerからの新作リザーバー。



このリザーバー、アクリルとポリアセタールをネジで固定してないぽいんですよね。
見た感じだと内部のシルバーの棒で固定しているように思えます。
実物見てないんで精度はわかりませんが、美しいw
まぁ、99%使うと思いますw

もう1つ新作リザーバー発見しました。
それがこれ。



Bitspower water tank z-multi オールアクリルバージョンです。
メーカーサイトではフィッティングを装着しているアクリル部分のみの販売もされているので、
交換するだけで、オールアクリルリザーバーに変更も可能みたいです。
リザーバーを固定するパーツが付属されてるみたいですが、
私なら付属品は使わず、フィッティングで固定しますね。

オールアクリルケースにかなりマッチしそうな気が。

オールアクリルのリザーバーと言えばDander Denのリザーバーです。
フランジタイプの配管に似ていて、プラントぽくするにはもってこいです。


これはこれで綺麗なんで、
プラントぽくするならDD、シャープな感じするならBitsと選択できるのがいいかも。

オールアクリルリザーバーも捨てがたいのですが、
次回リニューアルに使うのは、やっぱAquacomputerのリザーバーになるかな。

Aquaのリザーバー購入すると、DD2台とEK2台が押し入れに眠ることになりますが・・・w
まぁ、まだ先の話なんで色々と考えてみることにします。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/09/06 Thu. 18:30 [edit]

水冷パーツ  /  TB: 0  /  CM: 7

Aquacomputer Filter 

背面パネルに少し手こずりましたが、順調なPC-6B Mod。
120ラジエターも問題なく設置することができ、Mod記事は近日中にUPする予定です。
Aquatuningからパーツが届いていたので、今回はそちらの紹介を。

パーツはまだ揃っていませんが、Aquatuningからの購入は今回でラストです。
あと個人輸入するパーツはフィッティングぐらいですかね。
纏めて購入できればよかったんですけど、AquatuningはBitspower取り扱ってません。
まぁ、水路変更もあるので決まったらPerfomance-pcsで購入することにします。

今回は少なめ。


メインはやっぱフィルタですね。


思ってたよりでかい。
実は、買ったもんの設置場所が決まってませんw
位置はそのうち決めるとして、予想通りだったのがこれ。


INとOUTにバルブが付いているのですが、水路に組み込むには適してないですね。
バルブ部分の経が小さすぎます。
ポンプがD5なので問題はないんですが、経の大きいバルブにしてほしいところ。
水路にバルブを入れるならBitspowerのバルブが適してます。

Bitspower BP-MVV-SL Mini-Valve


私の場合、水路にバルブは入れませんが、ドレン用に使ってみてもいいかもしれません。
Bitspowerのフィッティングは種類が豊富なので複雑な水路にした場合、かなり助かります。
他のメーカーより価格が高めなのですが、作りの良さを考えると妥当だと思います。
とは言え、纏めて注文すると万の差がでることもw


PCとは関係ないAquatuningグッズです。


ストラップみたいな感じですが、100%使わないでしょうw
なんで、こんなん買ったんやろ?w

同じグッズでもこちらは使えますね。


キャラの顔は海外だなぁと感じますが、なかなか良いデザインだと思います。
割れずに無事届いてよかったw


話は変わりますが、
MDPC-Xのサイト、購入時間じゃなくても販売商品を見ることができます。
サイトに記載されているので、知っている方はスルーで。

スリーブの色やスリーブ以外のパーツを見てみたい方いましたら、
ロゴをクリックしてみてください。(別窓が開きます)



指定時間しか注文できないのは以前と変わりありません。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/08/14 Tue. 21:13 [edit]

水冷パーツ  /  TB: 0  /  CM: 4

メンテナンスの重要性 

2週間ほど前から、ポンプ側の電源を入れてもポンプが動かない症状が出始め、
電源スイッチを数回入れ直せば始動する状態になってました。

そんな感じで騙し騙し使用していたんですが、昨日スイッチの入れ直しをしても
始動しなくなり、ばらしてみる事に。

見た目重視でパーツの配置と配管をしているので、
ポンプをケース内から外すだけでも時間がかかります。
クイックリリースを使用していれば、簡単に脱着できるんでしょうけど、
正直、あれは使いたくないんですよね。
クイックリリースを使用しなくてもいい方法を考えたのでPC-6Bから採用していくつもりです。

M8には排水用の配管を作っていて、バルブを開けるとある程度の水が抜けます。
排水配管はポンプからすぐの位置にあるので、バルブを開けただけでポンプ内の水が抜けます。

後はフィッティングを外すだけなのですが、これが問題なんです。
ポンプOUTからリザーバー裏への配管にチューブを使用していません。
すべてフィッティングで配管をしている為、
ロータリーフィッティングを使用していても簡単には外せないんです。

M8は次回メンテナンスの時に、かなりいじる予定にしています。
Modしたばかりですが、気にいっていませんので。
なので、パネルやアクリル板に傷が付こうが、お構いなしでポンプを外すことにしました。
まぁ、おかげでミラーアクリルは傷まみれで、パネルの塗装が剥がれましたけどねw
これで嫌でもリニューアルしなければならなくなったw

とりあえずハウジングを外して内部を見てみました。
今日中の原因を突き止め、直せるなら直す考えで作業していたので、画像は撮ってません。

見た感じ汚れてるとかなかったんですが、一応水洗いをして乾燥させました。
ポンプのINにフィルタを付けていたので、内部を確認してみると、
反対側が見えないぐらいゴミがw

これは、正直びっくりしたw

以前、M8にはオーロラクーラント(ラメが入ったクーラント)を使用していましたが、
フィルタを付けるとラメがフィルタに付着すると思ったのでフィルタは付けてませんでした。
なので、ポンプ内にゴミが入り込んだ可能性があります。

これから水冷を自作しようとしている方、フィルタは入れたほうがいいと思います。
そんなに高価な物でもないですしね。

乾燥がある程度できたので、簡単な配管を作って始動するかテストをしました。
始動テスト用電源に先日購入したCorsairのAX850を使用w
電源の初期不良がないかの確認も兼ねてます。

結果ですが、何事もなかったかのように元気に始動w
ケースに入れて配管し、水を入れてスイッチを入れても起動しました。

ポンプ2台が同じ日に故障するのは考えにくいので、
電源の問題か清掃不足かって思ってたんですけど。
どうも掃除をきちんとしていなかったのが原因のようです。

リニューアル前にメンテナンスしたつもりでいましたが、
すべてのパーツを念入りにチェックしないとダメですね。

暑さのせいもあり、これだけの作業に3時間ぐらいかかってます。
完璧なメンテナンスをしていれば、この3時間が別の事に使えてたかもしれません。

まぁポンプが壊れて交換することを思えば、掃除して直ったんでよしとしますw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/08/05 Sun. 22:00 [edit]

システム  /  TB: 0  /  CM: 9

でかい 

Mod進行に必要なパーツが届きました。
必要だったのはリザーバーとラジエターを繋ぐフィッティングで、
これでラジエターを設置する位置を正確に出すことができるようになります。
まだ作業には取り掛かっていませんので、詳細は次回以降に。

ポンプ類も到着しているので、早速D5ポンプにMod kitを取り付けてみました。
D5ポンプの実寸は事前に調べていましたが、でかいです。
大型ケースには問題ない大きさですが、ミドルタワーケースだと設置位置が限られてくるかと。

ポンプを含めパーツは3つ。


Swiftech MCP655™ Series 12 VDC Water Pumps - With Speed Control
Bitspower D5 / MCP655 Extreme Pump Mod Top
Bitspower D5 / MCP655 Mod Kit - Red Finish

取り付けは簡単で、D5ポンプをバラしてパーツを変えて戻すだけです。


画像では伝わるかわかりませんが、めっさかっこいいですw
Deep Bold Redのフィッティングを取り付けてみたけど、色が微妙に違います。
このフィッティングは押し入れ行きになりそうですw

Mod kitの蓋の部分には6つの穴があいていて、
回転数を変更するダイアルとケーブルの位置が穴の位置にくるようになってます。


ケーブルは長さを調整してスリーブする予定にしていますが、
太めのケーブルを使っているのでUSB用のスリーブを使用したほうがええかも。

問題はこれをどこに設置するかです。
できれば見せる方向で考えるつもりでいますが、なんせでかい。
BDドライブとラジエターとの間に設置するとSSDやHDDが設置できなくなるし、
無理やり放り込んだとしてもバランスが悪くなります。

見せることを切り離して考えてみることにし、
初回に設置する予定だった位置に仮置きしてみました。


120mmファンと横幅があんま変わらんw やっぱでかいです。

手間の空間に120ラジエター仮置き。



計算してケースを選んでますので、干渉することはありません!ぎりぎりですけどねw
1枚目の画像左下に見える差し金の先端まで電源がきます。
電源ケーブルとの干渉を考えると、これ以上電源側には寄せれません。
こうなることは予測していましたが、どんだけシビアやねんw

まだ設置位置は決まってませんが、多分この位置になると思います。
見せる位置だとリザーバーより上に設置することになり、水を入れる時かなり面倒なんです。

この位置になったとしても諦めません。


サイドパネルから覗き込むとこんな感じで見えますが、仕切り蓋をするので見えなくなります。
仕切り蓋の一部をクリアアクリルにしてポンプ付近にLEDを2個ほど設置すれば、
見せることができるんじゃないかと。

実際に作ってダメなら作り直す感じで納得がいくまで挑戦してみます。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/07/28 Sat. 23:49 [edit]

水冷パーツ  /  TB: 0  /  CM: 2

Monitoring 

現在進行中のPC-6B Modですが、パーツが届くまですることがないので、
水路をどうするか少し考えてみました。

水路と言っても水枕はCPUとVGAしか設置しませんし、簡単な水路で行く予定にしてますが、
モニタリングパーツは取り付けようかと思っています。

M8には各ラジエターのINとOUTに5個の温度計と1個の流水計を設置しています。
温度計も流水計もAquaero5に接続していて、水冷システムの電源を入れるだけで、
Aquaero5のモニタで確認することができるようにしています。

PC-6Bにも同じようにラジエターのINとOUTに温度計と1個の流水計を設置する予定ですが、
T-Balancer bigNGには流水計を接続するコネクタがなく、
接続するにはT-Balancer Analog Sensor Hubが必要になります。

T-Balancer Analog Sensor Hub


bigNGと接続すれば、1つのソフトでチェックでき便利なのですが、
今回は電源が1台しか設置できないので、電源を入れてすぐにチェックできるようにしようかと。
電源を入れてすぐだと、ソフトで確認するタイプより目視で確認するタイプになります。

ちょっと前に出たBitspowerの流水計。


配管部分は隠してプロペラ部分だけ見えるようにすれば、見た目も悪くならないかな。
まぁ、こんなパーツ付けなくてもリザーバー見ればわかるんですけどねw
とりあえず、どんなもんなのか買ってみます。


流水計は物を見てからどうするか決めますが、温度計は決まってます。


Aquacomputer Temperatursensor 1個余ってるので、追加でもう1個購入予定。
これはT-Balancer bigNGに接続します。
正確な温度が表示されているのか謎ですが、大体の温度がわかればええかな。


温度計と流水計でモニタリングはOKですが、もう1つ気になったのがフィルタです。
普通のフィルタはフィッティングの内部に網が付いていて、
水路内のゴミをその網で止める仕組みになっています。


どちらかと言えば、これは見せたくない。
おまけに水を抜かないと外せないので、クーラントの交換時しかフィルタの掃除ができない。
フィルタ掃除の為だけに水抜きなんてやってれんw
水路に組み込む為、水を抜かなくても掃除ができるフィルタなんかないと思ってましたが、
探してみるもんですね、見つけました。

Aquacomputer
Filter with stainless steel mesh,ball valves and mounting plate G1/4



取り付け方によっては見せる事もできるし、バルブを閉めればフィルタの掃除もできます。
プラグをアクリルプラグにしてLED仕込めば、内部を照らす事も。
これと流水計を並べ、サイドパネルを丸く切り抜けば良い感じになるんじゃないかな。

はい、これ買いますw  てか、めっさほしいですw


これらのパーツ、なくても動作に何の問題もありません。
温度計以外はフィッティングの数が増えるので水路が若干複雑になります。
見た目以上にメンテナンス性を重視していくつもりでいたのに、道をそれていく気が・・・w



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/07/26 Thu. 01:15 [edit]

水冷パーツ  /  TB: 0  /  CM: 4

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。