百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Lian Li PC-6B Mod episode.8 

作業中にいろいろ考えてたら、
ASRockのExtreme6より幅が2cmほど短いExtreme4ありかなと。

まぁそんな事は横に置いといて、Modのほうを。
底部に設置するつもりでいた120ラジエターを上部に設置します。
変更すると言ったものの、上部に固定するのは簡単ではありません。
天板に穴をあけて固定する方法もありますが、それじゃ面白くない。

とりあえずアルミ板でラジエターを固定するパネルを作成しようかと。


寸法を取って計算し下書きしています。
このパネルに120mmファン用の穴をあけます。

120mmの穴あけには自在錐を使用します。


この自在錐は金属用で直径130mmまでの丸穴をあけることができます。
綺麗な丸で切り抜くことができるのですが、
1.5mmのアルミ板に丸穴をあけるだけなのに、結構時間がかかります。
おまけに、五月蝿いし切子が飛びまくるしと室内で使うには適していません。

私はボール盤を持ってないので、アルミ板を手で押さえて作業しましたが、
自在錐が手に当たると、かなり痛いw

まぁそんな自在錐と格闘しながら、穴あけ完了。


画像は室内ですが、作業は屋外でやってますよw
切り抜いたアルミ板ですが、円周が鋭くなっているので投げたりすると、かなり危険ですw

両端を曲げてL型アングルを取り付けます。


金属曲げ機で近距離の2ヶ所曲げはできません。
このような形にする場合は、いつもL型アングルを使います。

これをケース上部のフレームに取り付けます。


フレームはコの字になっているので、はめ込む感じになります。


ラジエターを取り付けるとこんな感じに。


フレームの穴を利用して固定します。


赤丸の穴に固定パネルのL型アングルが重なるようになってます。
ここは最終リベット固定になりますかね。
この位置でマザーボードとの隙間が9mmです。



X-flowのラジエターなので片方は配管が見えてしまいますが、これを有効に使う予定です。
詳細はそのうちMod記事で紹介します。

今後の予定ですが、何から手をつけていくか迷うっていうか、わからなくなってますw
いろいろ考えてたら纏まらなくなってしまったみたいですw
とりあえず、数あるアイデアを纏めてから作業に取り掛かる予定にしています。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事

Posted on 2012/08/15 Wed. 18:04 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/72-0047665b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。