百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Lian Li PC-6B Mod episode.6 

久々のMod記事です。
足らずのパーツはすでに届いていて、いつでもModできる状態でしたが、
M8のポンプ異常等で約2週間作業がストップしていました。

休みに入ったこともあり、遅れを取り戻すつもりで作業していくつもりにしています。
期限を決めていないので、遅れてるわけじゃないんですけどね。

底部を完成させてから記事UPする予定でしたが、思いついたことがありましてw
とりあえず作業内容を紹介していきます。

まず、AX850を設置していきます。


固定にはブラケットを使用します。
位置出しも楽だし、補強もでき、切りっぱなしよりも綺麗に仕上がると思います。
位置決めに迷いましたが、できるだけ底に近いほうがいいので、この位置に。

下書きをして切り抜いていきます。


間違っている下書きを消してないので、わかりにくいかもしれませんが、
画像だと右よりのほうが正解です。

切り抜き完了。


切り抜きは四隅にドリルで穴をあけ、リューターで切り込みを入れて金ノコで切断。
いつもと同じやり方です。
電源サイズよりブラケットサイズのほうが大きいので、
少々歪んでも問題ないと思われるかもしれませんが、
辺によっては1.5mm差しかなく、歪むと確実に隙間ができます。
電源サイズより少し小さめで切り抜いてからヤスリで調整のほうがいいかもしれません。

電源が入るかの確認。


電源サイズで切断しましたが、ヤスリ調整は必要でした。

電源にブラケットを取り付けし背面パネルに固定。


隙間もなく、手作業では完璧に近い出来です。

ケースフレームに固定して干渉していないか確認します。



問題なし。 底に敷いている黒いのは吸音材。
ラジエタースタンドの取り付けは穴あけてネジで固定しているだけです。

360ラジエター取付。


ここに後、ポンプと120ラジエターを設置するのですが、
両方を設置するには、この配置しか無理なんですよね。


配線や配管の事を考えると、キツイ感じがしてたんです。
ポンプの回転数ダイアルが簡単に変更できないのもあり、
120ラジエターを底部に設置するのをやめようかと。

ポンプだけなら十分なスペースが確保できます。
PC-6-Mod6-10.jpg

配線や配管が他のパーツと干渉することもないでしょうし、
ポンプのダイアルも簡単に変更可能になります。

問題は120ラジエターをどこに持っていくか?


現時点では、ここにしか設置できません。
ブルーレイドライブがここにくる予定でしたが、スリム+スロットインで設置場所の変更かな。
ほとんど使用しないので、なくてもいいんですけどね。

フロントパネルの5インチベイ切り抜きを、すべて塞ぐことになるので、バランスの問題が。
この位置にどうやって設置するかも考えないといけません。
水路も変更することになりますし、問題が山積みですw

ついでにもう1つ。
ドライブの設置場所を変更することで、ATXマザーボードが設置できるかもしれません。
MicroATXマザーボードよりもATXマザーボードのほうがバランスがいいんですよね。
私のイメージではですけどw
ATXマザーボードでいくなら、反転ではなく横設置になります。
Silver StoneのFT02やRV02と同じ設置ですね。

寸法を出して確認してないので、どうなるかわかりませんが、
とりあえずこれで進めていきます。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事

Posted on 2012/08/12 Sun. 21:19 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/69-17289b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。