百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

やっぱ オールプラグイン 

スリーブ加工の記事で電源はオールプラグインしか使わないと書きましたが、
じゃ国内でオールプラグインの電源がどのぐらい販売されているのか?
3台目の電源を選ぶついでに少し調べてみました。

※短時間でまとめたので抜けてる商品があるかもしれません。

まず、80PLUS認証・プラチナム取得電源から。

 【ENERMAX Platimax】
  EPM1200EWT(1200W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:139mmツイスターベアリングファン






 【Seasonic Xseries XP】
  SS-1000XP(1000W)
  SS-860XP(860W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x190(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山陽電気製120mmファン




80PLUS認証・ゴールド取得電源

 【Corsair AX Series】
  CMPSU-650AXJP(650W)
  CMPSU-750AXJP(750W)
  CMPSU-850AXJP(850W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山洋電気製120mmファン
     



 【Corsair AX Series】
  CMPSU-1200AXJP(1200W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x200(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:140mmダブルボールベアリングファン






 【SilverStone STRIDER Gold Evo】
  SST-ST75F-G-E(750W)
  SST-ST85F-G-E(850W)
  SST-ST1000F-G-E(1000W)
  SST-ST1200F-G-E(1200W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:139mm徹甲弾ファン



 【Seasonic Xseries XM】
  SS-1050XM(1050W)
  SS-1250XM(1250W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x190(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山陽電気製120mmファン





 【Seasonic Xseries】
  SS-560KM(560W)
  SS-660KM(660W)
  SS-760KM(760W)
  SS-850KM(850W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山陽電気製120mmファン



 【Seasonic Xseries Fanless】
  SS-400FL(400W)
  SS-460FL(460W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:ファンレス





 【LEPA G-series】
  G1600-MA(1600W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:135mmボールベアリングファン






【CoolerMaster Silent Pro Hybrid】
  Silent Pro Hybrid 1300W
  Silent Pro Hybrid 850W
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:135mm静音ファン




80PLUS認証・シルバー取得電源

 【SilverStone STRIDER PLUS】
  SST-ST75F-P(750W)
  SST-ST85F-P(850W)
  SST-ST1000-P(1000W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:135mm静音ファン




 【SilverStone STRIDER】
  SST-ST1500(1500W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x220(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:135mm静音ファン





以上です。
ラインアップ・電源サイズ・背面スイッチの有無・使用ファンを記載しています。
詳細は各メーカーサイトで確認してくださいね。

検索していたらオプション品を見つけることができました。


画像左がCorsair AX Seriesのオプション品で、スリーブが装着されたケーブル。
画像右がSilverStone電源用のショートタイプのケーブルセットです。


私が電源をオールプラグインにする理由は前にも書きましたけど、
ケーブルの長さ調整がやりやすいのと、
スリーブの色とケーブルの色を同色にするのに、はんだ付けをしなくて済むことです。
後、必要のないケーブルは自分で省くことができるってのもありますね。
ただ、デメリットもありコネクタで接続する為、奥行が長くなります。
MicroやMiniITXのケースだと他のパーツと干渉する場合があるので注意が必要です。

必ず使用するケーブルにプラグインは必要ないと思うかもしれません。
私もModするまではオールプラグインの電源は使ってませんでした。
Modするようになり、ケーブルを作り直すようになってからは、
オールプラグイン電源は欠かすことのできないパーツになりました。
おそらく、これからも使い続けると思いますw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事

Posted on 2012/06/03 Sun. 23:45 [edit]

電源  /  TB: 1  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/36-fc6afbef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【やっぱ オールプラグイン】

スリーブ加工の記事で電源はオールプラグインしか使わないと書きましたが、じゃ国内でオールプラグインの電源がどのぐらい販売されているのか?3台目の電源を選ぶついでに少し調べ

まとめwoネタ速neo | 2012/06/07 16:53

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。