百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

電源を単独起動させる方法 

水冷PCを自作されている方やModで光物を多く使わている方はご存知かと思いますが、
PCの電源スイッチを入れずに電源のみを単独で起動させる方法があります。

初めに言っておきますが、
通常の使用とは異なる為、試すなら自己責任でお願いします。
できれば使わなくなった電源を使用されることをおすすめします。

電源を単独で起動させる方法ですが、24PINを使用します。


画像は24PINのコネクタです。
古い電源を使用される場合もあるかと思うので20PINも載せておきました。
画像の四角で囲ってある端子をショートさせます。
24PINは15番目と16番目、20PINは13番目と14番目ですね。
ちなみに24PINの16番目と17番目、20PINの14番目と15番目でもいけます。

ショートさせるにはどうすればいいのか。


単独で起動させるパーツ、売ってます。
これらを使用すればショートさせる端子を間違うことがありません。
画像左は起動と停止のスイッチまで付いてます。

頻繁に使用しないので、わざわざパーツを買うのはどうかとって方には、

 
 Y端子を直接24PINに差し込めば起動します。
 つないでやれば起動するので、
 電線を使ってもいいですね。

 つないでいるY端子や電線がはずれると、
 停止してしまうので
 取れないようにテープ等で
 固定する必要があります。
  


電源背面にスイッチが付いてある場合は、それを使ってON OFFが可能ですが、
スイッチのない電源ってありますよね。
その場合は、ショートさせてある端子(電線)をはずすか、
コンセントの差込を抜くかで停止させてください。(面倒ですけど)

RemoteStart_Mod_01.jpg

海外ではこのようなパーツが販売されてます。
24PINから伸びたケーブルにスイッチをつなぐだけなので自作するのは簡単ですね。
自作でスイッチを付けておくと、手元でON OFFができるので便利ですよ。

水冷PCで電源を2台設置しているのを、見かけませんか?
私も2台設置していて1台は水冷のポンプ用にしています。
ポンプ起動用スイッチは画像と同じ方法で接続してあります。

電源2台を1つのスイッチで起動させたいって方は、


これと同じ物をつくれば、PC起動スイッチで2台の電源を起動させることができます。


普通に自作するのに電源を単独で起動させる事はないかと思いますが、
水冷PCの水漏れチェックや試運転、
ファン等のLEDを変更したときの点灯確認に知っておいて損はしないと思います。

使わなくなった電源がなく、やむを得ずメイン電源を単独起動させるときは、
マザーボードやビデオカード、各ドライブのコネクタは抜いておいてくださいね。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

関連記事

Posted on 2012/05/30 Wed. 18:00 [edit]

電源  /  TB: 0  /  CM: 4

コメント

お世話になりますデンタでし。

最後の写真って何番と何番をつないでるんでしょうかね?
俺もこれがいいなと思いましてw教えて下さいなヽ(´o`;

デンタ #- | URL
06/21 02:30 | edit

デンタさんが使用している電源が、おそらく24PINでしょうから、
16番PINと隣接する15か17番PINですね。
電源にもよりますけど、黄緑色のケーブルと隣の黒ケーブルをショートさせると起動します。
1つのスイッチで2つの電源を起動させる場合も、
単独で電源を起動させる場合も同じだと考えてもらったらいいですね。

15番・17番はマイナスなのでどちらでも起動します。

すなっち #- | URL
06/21 21:00 | edit

あそっかwそうですよねっっw
ありがとうございます(^-^)/

デンタ #- | URL
06/21 23:24 | edit

ケーブル自作、頑張ってくださいw

すなっち #- | URL
06/22 01:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/32-91b79c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。