百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

M8 Mod episode.9 

GW中に間に合うか微妙なとこでしたが、荷物がとどきました。


早速中身を確認します。


Aquatuningで購入するとグミがおまけで付いてきますw
今回は少なかったので1つでしたが、多いときは3つぐらい入ってます。
味は普通のグミですが、少し硬いですw
注文した商品と違う物が入っていたり、足らなかったりは今までないですね。

届いたのが午前中だったので午後から配管作業に取り掛かりました。
金属製のチューブカッターめっさ使いやすいですw

てことで、今回は水路の紹介です。
水冷PCを初めて自作したとき、関連サイトを巡って仕組みなんかの勉強をしましたが、
水路を紹介されているサイトって少ないんですよね。
実際 水路を見たところでプラスになることはないのかもしれません。
でも、私は全部見せようと思います。

まずポンプ周りから。


配管が伸びてるほうへ水が流れます。
ポンプから伸びた配管はリザーバーパネルの裏へ続きます。

リザーバー設置パネルの裏。


ポンプから伸びた配管は4つ並びフィッティングの1番下につなぎます。
流水計の付いている配管は、右サイドからの配管をつなぎます。

リザーバー上部の配管。


ここはクーラントの注入に使います。
前回2系統にしてたのでケースに2つ穴があいてます。
今回は1系統ですけど穴を放置するのも不細工なので2つともつないでます。
左の配管にクーラントを注入し、中央はクーラント注入時エアー抜きに。
右は先端に付いているフィッティングがエアー抜きの役割を持っていて、
注入後は左、中央の配管にプラグをするので、循環時に発生したエアーを抜く配管になります。

1番見えるとこの配管です。


順番に説明すると。
リザーバー設置パネルの4つ並びフィッティングの1番下、
ポンプからの配管ですがファンコンの水枕のINになります。
その配管と並んでいるのがOUTの配管です。
これが3番目のフィッティングにつながります。
3番目と2番目をパネル裏でつないで、2番目がMem水枕へ。
Mem水枕>CPU水枕>ラジエター>リザーバー>
VGA水枕x2>マザー水枕>1番目のフィッティングへ流れます。

右サイドの配管。


わかりにくくてすいません。
最奧のフィッティングがマザー水枕からの1番目フィッティングの裏になります。
そこから、360ラジエター>240ラジエター>流水計の付いていた配管へ流れていきます。

計画していた水路とは少し違います。
書き上げると、

ポンプ → ファンコン水枕 → Mem水枕 → CPU水枕 → 左サイド360ラジエター → リザーバー
 ↑                                                 ↓
250リザーバー ← 240ラジエター ← 右サイド360ラジエター ← マザー水枕 ← VGA水枕

こうなります。
左サイドの360ラジエターのINとOUT、右サイドの360ラジエターのINとOUT
右サイドの240ラジエターのOUTに温度計のフィッティングを取り付けてます。
各ラジエターの温度計はAquaero5に接続し、いつでも温度管理ができるようにしています。
後、Aquaero5には流水計も接続しています。
全部黒のスリーブなので配線かなり苦労しましたw

今回はこのような水路になりましたが、
水冷パーツを水路のどこに入れるのかは決まってないみたいです。
私の使っているLaing社のポンプは高温にも耐えれるようになっているので
熱源の次にポンプを設置されている方もいます。
私の経験上ですがポンプ手前にリザーバーを持ってきたほうがいいと思います。
クーラント注入時ポンプの空回りを防げますしね。
ただ、使用するケースやパーツの数によってはポンプの手前に設置できない場合もあるので
必ずしも、これが正しいとは言えません。
どんな水路にしたら配管を綺麗に見せれるのか、かなり考えさせられました。
綺麗かどうかは見る人によって違うと思いますが、結構見れるんじゃないかと思いますw

この記事を書く前に、M8 Mod完了しました。
後はテストをしてクーラントの注入で終わりですかね。

epsode.10で完成した画像を紹介しようと思ってます。
UPは6日の日曜にする予定です。



関連記事

Posted on 2012/05/04 Fri. 21:51 [edit]

Magnum M8  /  TB: 0  /  CM: 2

コメント

第一印象は「金かけてるなぁー」ですねw

bitspowerのフィッティングをここまでふんだんにかつ緻密に使うなんて、、、
やはりチューブと延長フィッティングのバランスがいいからものすごく壮大に見えるんでしょうね。すばらしいですよ。
もう少しで完成ですね。早く見たいですo(^▽^)o

デンタ #- | URL
05/06 03:42 | edit

水冷PCを作るならフィッティングはBitspowerにしようと思ってまして。
他のメーカーより価格が高めですけど作りがしっかりしていて
フィッテイングからの水漏れは今のところないです。
いろんな種類があるのでBitsPowerだけで揃えることもできますしね。

すなっち #- | URL
05/06 21:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/20-fc3f0671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。