百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

PC case of Tool Box episode.4 

今のペースで進めると完成が来月に・・・
なんてこともあり得るので次回の作業からスピードアップしないと。

今回は各パーツを設置する為のトレイを作成していきます。
作るトレイはマザーボード用・電源+光学ドライブ用・電源隠し用・SSD/HDD用の4種。

まずはマザーボード用と電源+光学ドライブ用から。


トレイの固定は工具箱の背面にコの字型のアルミをリベットで固定し、
前回加工した引き出しの未塗装部分を使って橋渡しで固定させます。
高さの調整はメタルスペーサーを使用。

仮に似たサイズの板を置いてパーツの位置を決めます。


電源はシルバーストーンのSST-ST45SF-G
配線のことを考えてSFXサイズを選択してます。

設置場所が決まったら背面に穴あけ。




若干の調整が必要ですが上手くいった。
ミリ単位の作業は気を使います・・・w

内部も問題なく収まってくれてます。
TB4-5.jpg

どちらのトレイも3mm厚のマットブラックアクリルを使用。
光学ドライブは電源用トレイの裏側に固定し引き出しを開けた時のみ使用可にしてます。

次に電源隠し用


アクリル板はマザー用と同じ3mmのマットブラックアクリル。
それを曲げてL型にしたシンプルな作りです。
ファンと干渉する部分は切り抜いてます。
側面は穴をあけパンチングメタルを貼る予定。
固定はマザー用トレイのときと同じ。

SSD/HDDトレイ作成
電源隠しのトレイにSSDもHDDも設置すれば簡単ですがシンプルすぎて・・・
マザー部分(右側)とのバランスを考え少し細工を。

使うのは8mmのクリアアクリル




おなじみのエッジを斜めに切断します。(今回は40度)
LED埋め込みの為、背面の1辺は未加工で残り3辺をエッジ加工。

加工したアクリルを電源隠しトレイに固定。


その上にマットブラックアクリルを置いてエッジ以外から光が漏れないようにします。
マザーボードをmicro-ATXに変更した為、HDDは2.5インチに。
ギリギリですが2台並べて設置できるスペースは確保できてます。
しかし!HDDの文字が逆なんだよね・・・ カバー作って隠すしかないか。

エッジはもちろん光らせますよ。


今回光物の色は白で依頼を受けました。
まだ磨いてないので綺麗に光ってませんが、赤も捨てがたい。
エッジ部分だけ赤もありってことを伝え、画像を見てもらって決めてもらうことにします。

今回で大掛かりな作業は完了していて、
残る作業はスリーブや光物、あとは各所の調整とヤスリがけですね。
その辺を纏めて次回の記事にしようかと思ってます。
関連記事

Posted on 2014/05/11 Sun. 22:03 [edit]

Case of Tool Box  /  TB: 0  /  CM: 2

コメント

上手い!!テーパーのと事の光が、心地よさそうな色ですね。

また勉強させてもらいました。

PC自作おいちゃんの・・・ #- | URL
05/12 00:32 | edit

コメント返信遅くなり申し訳ありません。

エッジ磨いたらちょっとした問題が・・・
磨く前は表面の凹凸で光が分散し上手く光ってくれてたんですけど、
磨くと分散しなくて均等に光ってくれないんです・・・
画像の光り方になるようにいろいろと試してみて上手くいったら記事にしますw

すなっち #- | URL
05/20 00:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/189-aaef69f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。