百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Original microATX Acrylic case episode.3 

遅くなりましたが、引き続きパネル作成の作業です。
今回、自作するケースは8枚のパネルを使用しています。
パネルに細工する技術は持ち合わせてませんので、カット以外の加工をしているパネルは5枚。
前回の記事で2枚紹介してますので、残り3枚。
寸法適当の切り抜きをした1枚とスイッチ等の穴あけのみの1枚は省略し、
1番加工が面倒な1枚を紹介していきます。

その面倒な1枚のパネル、切り抜きにズレが発生すると使えません。
おまけに3箇所も切り抜く必要があり、複雑な形も存在します。

まずは、切り抜き部分に設置するパーツを仮置き。


パネルはリアの部分で常時見える部分ではありませんが、妥協できませんw
基本、私の作る物に図面は存在しません。
もちろん各所の寸法は出してますが、その辺にあるダンボールに書くぐらいです。
時々どこの寸法だったのか忘れてしまうこともありますが、なんとかなってますw

そんな調子で下書き。


鉛筆で下書きしてますので見えにくいかもしれませんが、
マジックだと太くなってしまうので・・・
前回の方法と同じで隅に穴をあけテーブルソーで切り抜いていきます。

切り抜き完了。


失敗覚悟で望みましたが、不思議と上手くいきましたw
作業時間は下書きから切り抜きまで30分かかりません。
微調整はできませんが、やっぱ電動はすごい。

I/Oパネル取り付けてみる。


切り抜きでここだけは最後まで不安な部分でした。
小さめで切り抜いてヤスリで調整って方法も考えましたが、
厚みがある素材は調整だけでも時間がかかるんですよね。
4隅をヤスリで調整するだけで上手くはまってくれました。

すべてのパネルが完成したら・・・ひたすら磨きます。


リューター・棒ヤスリ・ペーパーヤスリで調整し、研磨剤で磨きます。
ペーパーは180番から240>400>600>800>1000>1500を使用。
全部のパネルを磨き終える頃には画像の3倍ぐらいのペーパーヤスリがw

画像はありませんが、アングル2本でアクリル板をはさんで、
クランプで固定し角に丸みがでないように磨いてる部分もあります。

磨き直しするパネルが1枚だけありますが、仮で組み立ててみます。
組み立てに接着剤は使いません。
解体できないっても理由の1つですが、接着剤は使いにくいw
量の調整とかめっさ難しいし・・・

Danger Denのケースと同じ方法が理想だったんですけど、
あの加工を上手くやる自信がまったくないw

で、いろいろと考えた結果・・・ これを使います。


正式名称は「基板垂直取付用ブロック」といいます。
4面にM3のネジが切ってあって、めっさ便利。
今後のModでも使用すると思います。 ただ、少し値が高いw

こんな感じでネジで固定していきます。


使用したブロック数は22個。
6mm角なので場所によってはネジの種類を変える必要がありますが目立たなくていい。

仮組み完了。


右サイドパネルは大きく切り抜いて、最終的にクリアアクリルを被せます。
ここはDanger Denの真似をしましたw
まぁDDとは厚みが違いますが・・・ さすがDD なぜなくなったんだ・・・

マザーボードとラジエターを仮で取り付け。


配管に苦労させられそうですが、形になってきました。

全体画像。


完成したわけじゃないけど、ケースになると達成感が得られますねw
ケース完成ってことで、ここからいつものModと同じ作業に入っていきます。
SSDとファンコン・水冷パーツの位置もそろそろ決めていかないと。
全部収まるのかは やってみないとわかりませんw
途中で空冷に変わってたら収まらなかったって思ってくださいw

次回はファンコンとポンプの取り付けです。
簡単な土台をアクリルで作成し、それを使ってケースに取り付けていきます。
関連記事

Posted on 2013/11/03 Sun. 23:57 [edit]

Acrylic case  /  TB: 0  /  CM: 4

コメント

着々と進行してますね~♪
しかしペーパーの残骸の量に笑いました。
お疲れ様です☆

「基板垂直取付用ブロック」初めて知りました。
これは便利そうですね。L時アングルに位置合わせしながら穴あけするよりも便利そう♪

りくんちゅ。パパ #EANjiY0g | URL
11/04 23:57 | edit

切り出し上手いですね!
ダブルワイドの縮小版?の様にも見えます。
以前どっかのサイトで、初期のX68000のケースを自作しているのを見た事があります。
その方はFRPで作っていました。かなり面白かったですww
ケースの自作って、面白いです。
毎回だとシンドイですが・・・

細かいヤスリってスグ寿命が来ますよね。
配管が楽しみです♪♪

bloom #- | URL
11/06 00:00 | edit

こんばんは

こちらへのコメントは、お初?ですね。

すごい事を実行中なんですね。

図面なしってのが、とてもひかれました。

世界で1台のパソコン。

スバラシイ!!

CASE MODと水冷システム、頑張ってください。

いなっち #- | URL
11/09 02:52 | edit

>りくんちゅ。パパさん

厚みのある素材は切断1で磨き9ぐらいの比率ですねw
同じ格好で同じ動作なので終わったとき体が痛い・・・w

基板垂直取付用ブロック、これかなり使えると思います。
今回は6mm角のタイプにしましたが、8mm角もありますよ。


>bloomさん

カットはテーブルソーのおかげで綺麗にいきました。
誰がやってもこのレベルぐらいにはなると思いますよw

ケース自作初挑戦でしたが、面倒ですよねw
そこそこのケース購入できる金額になっちゃってますし・・・
まぁ、楽しさと相殺できてるので自作してよかったかな。
機会があったらアクリル以外の素材で作ってみたいですね。


>いなっちさん

お初ですね、コメントありがとうございますw

今回はイメージに合ったケースがなかったのでこうなってしまいましたが、
やればできるもんだと思いましたねw
これといって準備したものもなく、図面もありませんしね。
まぁ、正確には図面が描けないだけなんですけど・・・w

現状1ヶ月に4,5回の更新しかしてないブログですが、
Mod同様続けていく予定にしてますので、お暇なときにでも覗きにきてやってください。

すなっち #- | URL
11/11 00:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/168-f76c6d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。