百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

BitFenix Prodigy Mod episode.3 

マザーボードトレイ&電源隠しの試作品を2個ほど作成したら、
アクリル板が足らなくなって再度注文する事態に・・・w
残念な事に作った2個の試作品はどちらも使えないし、届くまでトレイ作業はストップだなw

てなことで、今回は一緒届いていたサイドパネルの紹介をしていきます。

先に端材を使って作ったファンコン用のトレイから。


カットしてL型に曲げただけの簡単な作りです。
アクリル板はツヤ消し白のマットホワイトを使用。

スペーサーにファンコンを固定すると


USB接続コネクタ以外は右側に設定されているので、ケーブルを纏めるのが楽。
最終的には蓋をして隠れるので、見えなくなります。
SSD・HDDトレイも同じように作っていきますが、アクリル板が足らないので次回に。


小物はこれぐらいにして、外観のパネル作成です。

まずはサイドパネルから。
今回サイドパネルには透明アクリルではなく、スモークアクリルを使用しました。
スモークアクリルにすることで、電源OFF時は中が見えにくくなります。

サイドパネルに使用するスモークアクリルの厚みは5mm
これにエッジ加工をするわけですが、やり方は前に紹介してるので省いてます。


テーブルソーを使って加工をし、ヤスリ掛け&研磨剤で仕上げてます。
10mm厚に比べると磨く面が少ないので楽でした。

ケースに取り付けて確認


まだ作業が続く為、保護シートはそのままの状態です。
剥がすまでは何とも言えませんが、とりあえずこれでいきます。


フロントパネルの作成
別に作り変える必要はありませんでしたが、
樹脂の安っぽさと5インチベイの開口が気に入らなかったのもあり作り変えることに。

フロントパネルに使用したアクリルはマットホワイトで厚みは3mm
サイドパネルと同じくエッジに加工をいれてます。


フロントパネルのフレームはそのままで、内側の部分だけ貼り直してます。

全体画像


Prodigyってわかるようにメーカーエンブレムを貼り付けてます。

フロンパネルを取り付けたケースはこんな感じ。



サイドパネルに若干の違和感があるような気もしますが、まぁイメージ通りかな。
天板を作り変えたほうが一体感がでるんやけど、角のRが出せない・・・w
趣味レベルの技術なんで、ある程度の妥協は必要ですw


次回ですが、素材やパーツが揃わないことには何もできませんw
トラブルのあったAquatuningから発送完了のメールはきてますが、届くのはおそらく週末。
アクリル板のほうが早そうなので、予定はトレイの作成ですね。

まぁ、慌てずぼちぼちやっていきますかw
関連記事

Posted on 2013/06/23 Sun. 22:14 [edit]

Prodigy  /  TB: 0  /  CM: 2

コメント

以前の日記から読んでいるので分かるのですが、やっぱり加工が早いですね!
テーブルソウは良い工具ですね!

サクサク作業しているのを見てると欲しくなりますね。その前に揃えるべきパーツが先なので、アクリル加工は大分先です~。
集塵機とか付けられるといいな~

bloom #- | URL
06/23 23:22 | edit

テーブルソーのおかげで切断作業はかなり早いですね。
4辺カットも5分ほどで完了します。
私の持ってるやつは小型なので長めの寸法をカットするのにはむいてないかな。

家庭用の掃除機を取り付けれる構造になってますが、
安全カバー外してあるので、掃除機つけてても切粉は舞いまくりですw

すなっち #- | URL
06/26 23:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/154-1054adce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。