百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Original Tech Station episode.4 

1週間ぶりの更新になります・・・
途中に何か書こうかと思いまいたが、気になるネタがない。
中途半端な記事になるよりは作業記事のほうがいいかなと。
そんなこんなで、今回もTech Stationの自作記事です。

エッジ加工が上手くいき、順調に進んでいますが、残念な結果になっているフット部分。
いろいろと考えてみましたが、あけた穴をふさぐことに。

まずは足になるアクリル球に4.3mmの穴をあけます。


球体への穴あけは初挑戦でしたが、スタンドのおかげで問題なく完了しました。
この穴にナットを打ち込みます。

使うナットはインサートナット。


普通のナットよりは長めの形状で、らせん状の溝が彫ってあります。
これを打ち込むことで、溝がひっかかり抜けなくなる仕組み。

これを4つ作ります。


仮に長めのボルトを取り付けてます。
引っ張ってみて抜けなければOKです。

問題はこれの固定。
大きめのワッシャーを使おうかとも思いましたが、中途半端なんですよねw

で、思いついたのが、
いっそのこと全部ふさいでしまおうかと。


用意したのは厚さ0.5mmのアルミ板。
これを土台の寸法にアクリルカッターでカットします。

フット装着部分に3.5mmの穴をあけて、これを使って固定。


できるだけエッジとの段差をつけないようにする為0.5mmにしましたが、
強度がなさすぎますw
最低でも1mm厚でないと、しっかりした固定はできないかな。
強度面に関しては後々考えることにして、作業を進めます。

側面からの画像。


0.5mmでも段差が目立つのがわかりますよねw
まぁこれは仕方ないとして、どうやってアクリルとアルミを貼り合わせるか考えないと。

土台部分のエッジは光らせない予定ですが、
足に使っているアクリル球だけは光らせてみようかと思い、
土台部分に1つ追加で加工をしてみました。


テーブルソーを使って加工してますが、約2mmほどの溝をいれてます。
テーブルからどれぐらい刃を出すかの調整が可能なんで、直線で溝を入れるのは簡単です。

この溝に光物用のケーブルを這わせます。


後はLEDを足の穴に取り付けるだけです。
時間がなくてそこまで作れなかった・・・w

まだ組み立てれる状態ではありませんが、完成予定はこんな感じに。


土台の真ん中のスペースに電源を設置。SSDは適当に固定かなw
マザーボードトレイにもアルミ板を貼るか考え中。
アルミ板は最終的にブラックで塗装します。

いつもなら作業中に思いついたことがあれば、追加してたんですけど、
今回はできるだけ追加はなしでいこうと思ってます。
2月中に完成予定でしたが間に合いませんし、M8の作業を早く開始したいですしね。

次回もTech Station関連の記事にしようと思ってます。
何かいいネタがあれば書くかもですがw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事

Posted on 2013/02/24 Sun. 22:59 [edit]

Tech Station  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/145-a1eda5fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。