百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Original Tech Station episode.3 

Tech Station製作3回目の記事になりますが、実に良いペースで進んでます。
1から自分で作るってのが新鮮なのか、作業していて楽しい。
原型があるケースをModする楽しさとは違った楽しさですね。

まぁ箱にしなくていいから楽な気持ちで作業しているからかもしれません。
箱にするならミリ単位の精密さが必要ですからね。

その順調に進んでいるTech Stationですが、今回は土台になる部分の加工です。
前回、記事の最後に気が向いたらエッジ加工をするようなことを書きました。
ここは失敗を回避する為にも余計な事はやらないほうがいいんじゃないかと。

でもやっちゃいますw
失敗を恐れてたら進歩しませんしねw

土台になる部分のアクリル板は350mm×300mmの寸法で厚みが10mm
エッジ加工をするのは300mmの2辺と350mmの1辺の計3辺。
1辺は背後になるので加工なしで進めていきます。

エッジ加工はPC-6BのSSD・HDDマウントの時と同じで斜めにカットします。


カットの寸法が短い場合は一定の速度でスライドさせることは可能。
しかし長くなると手を添えなおさないと無理なんで、途中で動作を止める必要が。
遠目で見ると綺麗にカットできてるように見えるのですが、近くで見ると刃の目が酷い。
もう少しマシにはできそうですけど、テーブルソーじゃ限界があるかもしれません。

予定の3辺をすべて斜めにカット。


この画像をみても刃の目が酷いのがわかると思います。
どこまで目立たなくなるのか確認の為、ヤスリ掛けをやってみた。

ヤスリ掛けは棒ヤスリで簡単に整えて、ペーパーで仕上げていきます。


画像は180番を掛ける前と掛けた後です。
刃の目がなくなってるのがわかると思います。

ペーパーとは言え同じ部分ばかりだとカットしたラインに歪みがでます。
歪まないように刃の目を消していく作業、180番だけで1時間ぐらいかかってますw

180番の後は400>600>800>1500と細かくしていきます。


画像は1500番を掛けた後です。
刃の目はまったくわからなくすることができました。
時間はかなりかかりますけど、今後はあまり刃の目を気にせずカットできそうですw

これをアクリル専用研磨剤で磨きます。


保護フィルムの文字が写るぐらいにw
もう少しくすんだ感じになると思ってましたが、手作業でも綺麗にできるんやねw
一応見れるレベルにはなってると思うし、DD Modでも同じ方法でいけるかなと。

続いてケースフットの取り付けです。

まず、土台のアクリル板四隅に穴をあけます。


穴の大きさは20mm、ホルソーであけてます。
前回のスイッチ穴をあけた方法と同じです。

今回はケースフットにこれを使ってみます。


直径25mmのアクリル球です。
これを土台にあけた穴に入れます。


うーん、これは思ってたのとは違う・・・w
乗っけてるだけで固定はしてませんが、固定方法も考えないと・・・
土台に厚みがある分、なんか不細工w
20mmの穴はどうしようもないので、この穴を使って綺麗に見せれる方法を考えるとします。

エッジ加工が上手くいったのもあってか、
ケースフットがイメージと違ってもショックではありませんでした。
まぁ、なんとかなるだろうって思ってますしw
深く考えず、思いつきでやったほうが上手くいきそうw

次回は土台とマザーボードトレイを組み立ててみます。
電源やSSDを固定するパネルも作らないと。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事

Posted on 2013/02/17 Sun. 21:13 [edit]

Tech Station  /  TB: 0  /  CM: 7

コメント

私も一からケースを作ってますが、限界は有るけど、ケース加工とは違う楽しさですよね♪
また作っている途中でアイデアが出たり楽しいですね。
ケースModも同じかw (^o^);;

時間があれば、拘りや好みにもよるけど、外形20mmのアルミパイプのまん中辺をシリコンか何かで型取り、パイプをくり抜き、アクリルを注入して満たしたいな~~なんて、ふと思っちゃいました。
いやいや、大変過ぎるな。 ははは

bloom #- | URL
02/17 22:16 | edit

順調に進んでいるようですね~
実は私もオープンエアケースのアイデアが色々あって早く制作に取り掛かりたいと思っているのですが、なんせSOLOのMODが中途半端なままなのでグッと我慢していますw

アクリル球の足はLEDを仕込むとかっこ良さそうですね。
思い切ってもっとでかい玉にしてみるとかw

MooderBone #- | URL
02/17 22:43 | edit

>bloomさん

私の場合は箱にはなってませんが、bloomさんの場合すべて自作ですもんね。
箱になってなくても楽しいんやから、ケース自作はもっと楽しいんだろうなぁw
いつかケース自作にも挑戦してみたいです。

アクリル注入は少し考えたんですけど、やっぱ面倒かなw
次のModをできるだけ早く開始したいのもあるので、
簡単な方法でやってみます。


>MooderBoneさん

我慢するのよくわかります!
私もその経験を最近したばかりですしw
2台同時に進行できる器用さがあればいいのですが、
私の頭だとこんがらがってしまいますw

LEDは仕込んでみようかなって思ってます。
配線をどう持ってくるかとか考える必要がありますが、
今ある考えを纏めて形にしてみます。

すなっち #- | URL
02/18 23:44 | edit

20mm!?すげぇwやっぱりやすりがけにかける根気が大事なんですねw

デンタ #- | URL
02/20 01:22 | edit

>ここは失敗を回避する為にも余計な事はやらないほうがいいんじゃないかと。
 でもやっちゃいますw

素敵♪w
ボクの場合、「1つうまくいく→調子に乗って余計なことする→台無しにする」が多いですねw
でも、やっぱりやっちゃいますけど(爆)

面取り加工ももうお手の物ですね~。
アクリル球の足はベアリングつければ移動もラクラク♪になりそうですね。

りくんちゅ。パパ #EANjiY0g | URL
02/21 00:01 | edit

こんばんは!
アクリル加工も、テーブルソー登場以来、
大胆になってきましたねー!
仕上げもいつもながら丁寧で、見習いたいです…。

自分もストレージの固定をアクリルにしようかと考えてますが、
なかなか厚みがあると上手くいきませんでw

ではでは!

れんくん #- | URL
02/21 18:46 | edit

>デンタさん

カットは機械任せのところがありますが、
ヤスリ掛けを丁寧にするかしないかで仕上がりにかなり差がでると思います。

厚みのある素材のほうが時間もかかり面倒だと思うかもしれませんが、
仕上がりが目に見えてわかるので、根気良く続けることができますw


>りくんちゅ。パパさん

それ私も同じですw
予想以上に上手くいくと次もいけるだろうって思っちゃうんですよね。
そんなときは高確率で残念な結果になりますが・・・w

足については思いついた事があるので形にしてみます。
移動させるのも面白そうですねw


>れんくんさん

カットのみなら上手くいくようになってきましたが、
まだ寸法通りにカットってやってないんですよね・・・w

斜めカットは刃と固定バーの間に隙間が必要ですので、
350×350のアクリル板を用意しましたが、実際は短くなっています。
今後は隙間+刃の厚みを計算してカットするやり方を覚える必要がありますね。

使いこなすにはまだまだのレベルですw

すなっち #- | URL
02/22 23:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/144-ba9636a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。