百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Danger Den Air Box Mod episode.6 

引き続きアクリル板を使ってパネル作成です。
画像が14枚にもなってますので、少し長くなるかもw

まず、DVDドライブのマウント作成から。


3mm厚の集光ピンクアクリルを使用。
少し変わった形にカットしていますが、これを曲げていきます。


こんな感じの曲げ方は結構難しいんですよね。
1㎜でもズレると左右のバランスが悪くなります。
これに蓋を取り付けますが、蓋を固定したとき斜めになってしまいます。
横幅が5インチベイの幅と同じサイズにする必要もあり、かなり面倒ですw

これに取り付ける蓋の作成。


蓋は2mm厚の乳白マットアクリルを使用。
カットして穴をあけてるだけですが、干渉する部分があり1.5mmほど段差をつけてあります。
内側の穴4つにファン分岐基盤を取り付けます。


固定はネジを使用。
横から見ると、ネジ>アクリル板>5mmスペーサー>基盤>10mmスペーサーって感じです。

蓋を取り付けて5インチベイステーに取り付けます。


蓋をすることで箱型になり、DVDドライブはこの箱の中に収まります。
DVDドライブの固定は1㎜アクリルを90°に曲げて作ったL型アングルを使います。
マウントはこれで完成です。

次に5インチベイのフロントパネルの作成です。
正直、これはもう作りたくないw
今までいろんな加工をやってきましたが、1番面倒な加工ですw

ファンコンLamptron FC5 V2のフロントパネルは金属で色は黒。
黒はできるだけ使いたくないので、取り外してます。


フロントパネルの厚みは4mm
このフロントパネルと同じ物をアクリルで作成するのですが、裏側に加工がしてあります。


3mmの深さで溝が掘られていて、溝にファンコンの表示パネルがはまるようになってます。
さすがに4mmのアクリル板にこの加工をするのは無理なので、
3mmアクリルと1㎜アクリルをひっつけて4mmにしてみようかと。

(これが2mm厚のアクリル板を使わず3mm厚のアクリルにした理由です)

5インチベイの大きさにカットした3mmと1㎜アクリルを重ねて加工していきます。
3mmは集光ピンクアクリルを1㎜は透明アクリルを使用しています。


ツマミの穴をあけた後の画像になりますが、穴の直径は10mm。
これズレると早い話が失敗になります。
下穴あけて、いきなり10mmビットでやると確実にズレるんですよね。
で、2mmで下穴あけて、3mm>4mm>6mm>10mmの順に穴を広げてます。

これにスロットインの切り抜きとファンコンの表示パネルの切り抜きをします。


作業中の画像です。
3mmアクリルは少しなら無理をしても割れることはありません。
しかしこの切り抜きだけは無理ができないw
かなり細いラインで切り抜く必要があります。
切り抜きはアクリルカッターだけでやることが多いのですが、
これだけはリューター使用してます。(粉まみれになるのが嫌なんですw)

切り抜き後、やすりで調整します。


さっきも記載しましたが、もうこれは作りたくないw
切り抜いて穴あけただけですが、面倒くさすぎるw

5インチベイに取り付けてみます。


無事収まりましたw

1㎜厚のアクリル板も同じ加工をします。


こちらはスロットインの切り抜きだけです。

5インチベイに取り付けます。


若干ズレてますので調整する予定です。
下側もネジで固定したほうがええかな。

ツマミはアルミ製のシルバーに変更します。
ネジで固定するツマミでそのネジが深い位置にある為、ツマミをカットする必要がありそうです。

最後に内部の画像です。


黒がかなり減ったw
マザーボードやVGAで黒が増えますが、できる限りのことはやりました。

Danger Den Air Box Mod、
LEDの換装から始まりアクリル板でパネルの作成まで進めてきました。
一応、これでMod工程はすべて完了です。
少し調整が残っている部分もありますが、記事にはしません。

メインパーツを組んで、起動チェックをして納品。
その後で、episode.7として完成画像を公開しようと考えています。
少し間があくと思いますが、しばらくお待ちください。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
関連記事

Posted on 2012/11/04 Sun. 21:47 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 5

コメント

自分にとって、すなっちさん凄いな~と思う所があって、それは、
有言実行!!
自分もその辺意識して、変えて行こうと思います。
机に書いとこう!!

自分の方はと、水温計ですが・・・普通じゃなぁ~と思い。
バイク界では大御所のYOSHIMURAのデジタルテンプメーターをポチっとしました。
自分は変態かもしれませんww

bloom #- | URL
11/04 22:28 | edit

ボクから見れば、作業がこのペースで進むこと自体が凄い...(汗)
一歩進んで一歩下がって、ちーとも進みゃしない(爆)

しかし集光ピンクアクリルいいですね~。ボクには使いこなせないけど(; ̄ー ̄A
3mm厚のアクリル...それも端っこ1cm位?を曲げてさらに高さも合わせるなんて...神業☆

りくんちゅ。パパ #EANjiY0g | URL
11/04 23:32 | edit

もうなんていうかすべてがツボすぎてやばいです^^

ファンコン表示パネルのアクリルにしてもも細かいですよね~。ほんと忍耐が必要な作業だったと思いますwすごいっす!
あと自作基盤に繋がれた短いスリーブケーブルも綺麗です!ああいう細かい部分の見せ方大好きなんすよねwラインがいいっすね!

PS: バイク乗りな僕としてはbloomさんのYOSHIMURAに反応してしまいましたw

と〜やん。 #- | URL
11/04 23:42 | edit

こんばんは!
着々と進んでいますねー!
なんというか、手際が違いますねw
自分は最近電源隠しの加工に試行錯誤で、
何枚かアクリルつぶしておりますw

集光アクリルが通電時にどうなるのかが
めちゃくちゃ楽しみです!

ひとまずは、お疲れ様でした!
仕上げがんばってください!

れんくん #- | URL
11/05 00:10 | edit

>bloomさん

今回はたまたま上手くいっただけですw
焦れば簡単なとこでミスしますし、ゆとりをみて工程を組んだほうがいいですね。

バイク用の水温計、どんなのか検索してみましたよ。
価格見てビックリしましたがw
バイクや車のパーツを流用するのも面白いですよね。
パーツ選びの視野が広がりますし、次回Modで私も視野を広げてみようかな。


>りくんちゅ。パパさん

Air Boxはあまり手を入れるとこがありませんでしたし、
ケース自体が組立式で寸法出しも簡単なこともあり、あまり戻ることはなかったかな。
その結果もあってスムーズに作業が進んだのかもしれません。
普段は私も進んでは戻っての繰り返しが多いですよw

端っこの曲げは正解で1cmのとこで曲げてます。
アクリルの厚みが3mmなので実寸は1.3cmになってます。
あまり深く考えず作業したら上手くいったって感じですw


>と~やん。さん

アクリルケース使いの先輩にそう言ってもらえると、嬉しいですw

ファンコンパネルの細いラインのとこだけは神経使いました。
ポキって音がしたら、ゴミ箱行きでしたしw

ファン分岐基盤からの配線のライン、
作った私が言うのもなんですが、かなり気にいってますw
最終的にマザーボードで隠れてしまうのが残念ですが・・・w

と~やん。さんはバイクも趣味でしたね。
昔バイクに乗ってたことがあるのでヨシムラの文字をみて、
「ヨシムラ直管、なつかしい」って思いましたよw


>れんくんさん

Mod工程が少なく、あまり考えず作業できましたので順調に進みましたね。

1回で成功すれば、それに越したことはないですけど、
失敗で得ることもありますから、挫折せず挑戦ですね。
私もよく失敗して板材を無駄にしますけど、勉強したと思うことにしてますw
完成まで気を抜かずに頑張ります。

すなっち #- | URL
11/05 22:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sandysoil.blog.fc2.com/tb.php/109-fe28c626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。