百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

PC case of Mannequin episode.1 

マネキンケースの作業開始です。
まだパーツは揃っていませんのでできることからやっていきます。

episode.1はマネキンの加工です。
まずは貼り合わせてあるマネキンを胸部と背部にわけます。


接着剤で貼りあわせている部分にアクリルカッターで軽く溝を入れ、
普通のカッターで切り離していけば分解できます。
難しくない作業ですが割れや欠けに注意が必要なので時間はかかりました・・・

各パーツの設置位置を決めます。


マネキンの内部に設置するメインパーツはマザーボードとSSD・HDDのみ。
メインパーツ以外のパーツは排気ファンと光物の基盤ぐらいかな。
マザーボードの位置は画像の位置で決定ですがドライブ類は変更するかもです。

大まかですがパーツの位置が決定したので次の作業に。
今の段階だとバランスが悪いのでここで修正。
下腹部の大きめな空間をカットしてバランスを良くします。


股上5cmぐらいのところでカット。
マネキンの素材の厚みが場所によって5mmほどあるのでアクリル用ノコギリでカット。
手ノコなので若干波打った状態になってます・・・ (真っ直ぐ切るのは至難の業ですw)

パーツを置いてバランス確認。


上半身のみのマネキンになってしまってますが、いい感じですw
腰の位置がSSD・HDDの設置場所になるので大きめの空間は無くなりそうかな。
で、残りの電源や光学ドライブの設置場所ですが、マネキン内部には設置しません。
依頼を受けたときはマネキン内部にすべてのパーツを収めるつもりでいましたが、
マネキン内部はほぼ曲面でパーツを固定するのがかなり面倒なんです。
そこでふと思いついた方法でいこうかと。



胸部と背部をテープで仮止めした画像です。
底部の大きめの開口を吸気にするのですが、浮かしてやる必要があります。
どうせ浮かせるなら電源等を収納できるボックスを作り、吸気ファンもボックスに固定して
うえからマネキンを被せてみようかと。
簡単に説明すると、まな板に箱を被せてケースにしてしまうみたいな感じですかね。
ボックスにマザーボードトレイを固定すれば、マネキンを加工する必要がほぼなくなります。
上手くいけば作業時間の短縮も可能。

詳しくは次回のボックス作成記事で紹介します。
スポンサーサイト

Posted on 2014/08/31 Sun. 23:54 [edit]

Case of Mannequin  /  TB: 0  /  CM: 4

PC case of Mannequin 計画 

約2ヶ月ぐらい放置してましたが、本日より再開です。
いろいろあってTool Box PCを完成させてから何の作業もしてませんw
1番の理由は作りたいと思うアイデアが浮かばなかったことですかね。
まぁ、纏まってきてますが完璧とは言えないので壁掛けはもう少し先になりそう。
自分のペースでぼちぼちやっていくことにします。
で、今回の記事の内容なのですが、新たに1台組み上げることになったのでその報告です。

依頼品になるので、今回も空冷で組みます。(依頼品は基本的に空冷PCです)
マザーボードのサイズはmicro-ATXでVGAは使用しません。
メインの構成はごく普通のPCになります。

で、ケース。
今回はこれを使います。


透明なマネキンですw
前回の工具箱といいなんか路線がずれていってるような気がしないもないですが・・・w
大きさは70cmぐらいあります。
バランスを考えてカットする予定ですが、パーツ類は問題なく収まるサイズです。
何の素材かはわかりませんw アクリルではないと思う。
なかなかの存在感なので、あまり派手にはせず光物も控えめにしようかと。
頭の中にある完成イメージ通りにできれば、そこそこ見れる作品になると思います。


作業の内容はいつものように工程ごと記事にしていく予定で、
回数としては5回ぐらいの更新で完成画像を公開できると思います。

Posted on 2014/08/24 Sun. 23:48 [edit]

Case of Mannequin  /  TB: 0  /  CM: 4

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。