百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Cubitek Mini Cube Mod episode.2 

ファンのことについて記事を書く予定でしたが、
上手く纏まっていないので、先にCubitek Mini Cube Modの続きに変更しました。

今回は塗装されていない部分の切り抜きです。
ファンホールのような大きなカットはないのでかなり地味w

まずはフロント周辺。


大きくカットしているのがスロットインドライブ用と配線用。
小さいほうはこれまた配線用。
最後に裏配線をした画像を載せますが、既存の穴だけだと収まらなかった為
新たに2ヶ所配線用の穴を作成してます。

背面部分。


こちらは開口っていうよりは小さい穴です。
オリジナルアクリルケースと同様ファンコン用の穴になります。

使用するファンコンはこれ。


Sunbeamtech Rheosmart 3 Fan Controller です。
このファンコンを使うのは2回目になりますが、
今まで使用したファンコンの中で3本の指に入ります。

3チャンネルでつまみで調整する普通のファンコンですが、
1チャンネル30Wと高出力で水冷ポンプも回せます。
高出力のファンコンは5インチベイ用の物が多い中こいつは3.5インチベイ用。
今回のケースのようにベイが元からなく設置スペースが限られる場合にもってこいです。

ただ、残念なことに生産終了したらしく・・・。
まだ在庫があったようなのでストックしておこうかと思ってますw

話を作業に戻して。



こんな感じで収めます。
裏配線スペースに収まって高出力 すばらしいw

後はサイドパネルを切り抜いてアクリル貼って組み立てて完了です。

裏配線はこんな感じになってます。


24PINはラジエター横のスペースからフロントにあけた穴へ通してあります。
なんとかすべて収まったって感じですね。

次回のMod記事で作業は最後になります。
作業はリークテストを含めすべて完了していて納品も済ませてありますので、
できるだけ詰めて記事にしていく予定です。
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/27 Thu. 23:35 [edit]

Mini Cube  /  TB: 0  /  CM: 2

Cubitek Mini Cube Mod episode.1 

まだパーツは揃っていませんが、依頼品なのでやれるとこからやっていこうかと。
国内で購入したパーツはすべて届いていますので、手持ちの水冷パーツを加えて
パーツのレイアウトを決めていきます。

最終的に決定した配置から。


一番悩んだのがポンプ。
ラジエターの厚みを変えるともう少しゆとりができるんですけど、
できるだけ手持ちのパーツを使わないと予算的に無理なんです。
電源は新たに購入するつもりでしたので、奥行き150mmのを選びました。
奥行き150mmの電源とこのラジエターでポンプを設置したときの隙間は左右2mmぐらいw

ポンプを別の位置にすることも考えてみましたが、どこに置いても残念な結果に・・・w
見た目的には画像の位置がベストなんやけど、電源のコネクタ数個が使えませんw
まぁ、必要なケーブルは確保できたので、ここは見た目を優先してます。

パーツのレイアウトが決まったら本格的に作業に入っていきます。

ケースはサイドパネル以外リベット固定になっています。
まずはリベットを撤去してケースを解体。
フロントとトップが一体化しているので、このパネルから加工していきます。

加工といっても今回は穴をあけるだけです。
まずはフロント部分から。


吸気ファン用の穴です。
ラジエターが240なので、このサイズの穴を2ヶ所あけます。



穴あけには自在錐を使用。穴のサイズは直径115mmです。

これにラジエターグリルを取り付けます。


このラジエターグリル、M8にも使っていますがめっさかっこいいです。
あるのとないのとでは見た目がかなり変わります。
ただ、240サイズで9000円ぐらいします・・・
安値なグリルは結構あるんやけど、これだけは譲れないw


フロント部分はファン用の穴とスロットインドライブの穴をあけてます。


光学ドライブは裏配線スペースに設置


SSDとファンコンも裏配線スペースに設置する予定です。
問題はケーブルが収まるのかですね・・・
収まらない場合は裏配線部分のスリーブを撤去するしかない。



トップ部分の穴あけ。


120mmファンを追加するための穴です。
吸気と排気のバランスを考えてギリギリのところにあけてます。
ちなみに25mm厚のファンだとマザーボード側の24PINが干渉します。
なので使用するファンの厚みは15mm
ケースが小さすぎて何をするのもギリギリですw


次回はフレーム部分の加工(これも穴あけ)を紹介する予定です。
更新日は未定ですが、Mod記事の前にコメントでファンについての質問がありましたので、
そのことについて書きます。

Posted on 2014/02/22 Sat. 22:55 [edit]

Mini Cube  /  TB: 0  /  CM: 2

Cubitek Mini Cube Mod 計画 

PC製作依頼が入りましたので、M8の作業を中断し新たなModに挑戦していきます。
依頼者が身内ということもあって、今回組むのは水冷PCです。

依頼者の希望は3点だけで、
今使っているPCが大きいので小さいほうがいい。
ゲームもするってことなので、そこそこのスペックが必要。
光学ドライブは外付けじゃなく内蔵で。

空冷で組むなら大して問題じゃないんやけど、水冷となると結構難題w
水冷パーツをケース内に組み込むとなると、そこそこ大きめのケースが必要なんです。
Prodigyの時は水冷パーツを新たに購入したので、ギリギリでしたが組み込めました。

しかし!
今回は余ってる水冷パーツを使用するためパーツサイズからケースを選択しないといけない。
これはかなりややこしいw

とりあえず、マザーボードはMini-ITXでいきます。
水冷化する熱源はCPUとVGAの2ヶ所。最低でも360ラジエターがほしいところですが、
VGAのコアのみを水冷化にして240ラジエター1機で。
ラジエターをケース外部に設置するとええねんけど、それだと小型にならないw

必要パーツのサイズや配置を大まかに計算して、選んだケースがこれ。


Cubitek Mini Cubeです。
これだとギリギリですが全部組み込むことができるような気がしたんですw
実はもう購入してあって手元にあるんですが、なかなか面白いケースです。
サイドパネルが皿ネジ8ヶ所止めなのには驚かされましたがw

ケース素材はアルミで厚みは1mm まぁペラペラですなw
歪みが出るようなら補強することも視野にいれて作業進める予定です。

依頼PCってこともあり、あまり時間をかけるわけにはいかないので、
工程は少なくなると思いますが、ケースに穴をあけまくりますw
240ラジエターの吸気口とか、サイドパネルの切り抜きとか。

計算通りになるかならないかは作ってみない事にはなんとも言えませんが、
完成イメージはすでに頭の中にあって、上手くいけば良い感じになると思います。

足らずの水冷パーツをPPCSから購入してますので、
それが届いてから本格的に作業を開始していきます。

Posted on 2014/02/09 Sun. 23:51 [edit]

Mini Cube  /  TB: 0  /  CM: 5

Aquaero6水冷化 

M8のパーツを購入した記事でaquaero6には水枕装着不可と記載しましたが、
水冷化ができるようになったみたいです。
少し面白いパーツなので、久々にパーツ紹介記事を書いてみようかと。

そのパーツがこれ。


見た感じは基盤に取り付けるバックプレートようですが、
このプレートにaquaero5の水枕を装着するみたい。


私のように水冷化しているaquaero5からaquaero6に変更するなら、
このプレートを購入するだけで水冷化が可能になります。

ってことは、もう購入したんじゃないの?って思われるかもしれませんが、
まだ購入してませんw
いつもなら深く考えず買ってしまうんですけどね・・・w

なぜ躊躇しているのか?

1番の理由は水冷化する必要性があるのかってことです。

aquaero5はファンの回転数を絞ると高温になります。
実際にラジエター用のファン3個を一組にし4つのチャンネルに繋いでましたが、
水冷でも40℃を超えます。(ファンコンの温度はソフトで確認できます)

ちなみに
NoiseBlockerを繋いだ2系統は47℃前後
Gentle Typhoonを繋いだ2系統は42℃前後
同じ12Vファンでも電流が少ないGentle Typhoonのほうが低かった。
この数値は環境やシステムによって違うので参考までに。

で、aquaero6ですが、
メーカーサイトを見るとaquaero5より高温にならないらしいのです。

組んでみないと何℃になるのかわかりませんが、
水路のどこに入れるかが問題なんです。
高熱源のVGAの後だと水温のほうが高いとかありえますからw

自分のシステムでどれぐらいの温度になるのかがわかれば話が早いんですけどね・・・w
少し様子見かな。

とは言え、


水枕装着してなくても かっこいいんですよw
どこに何を繋ぐのかもわかりやすいし。

う~ん 悩むなぁw


とりあえずプレートは検討するとして、これは購入する予定。


Aquaero5/6 Pro用のモニタ部分を保護するパネルですね。
アクリルで作ろうかと思っていたので、間違いなく購入するでしょうw
これに紫のフィルムを貼ればイメージに合いそうですし。



おまけです


マウスのLEDもキーボードと合わせてみました。
簡単な作業でしたので30分ほどで完成w

Posted on 2014/02/01 Sat. 23:47 [edit]

ファンコン  /  TB: 0  /  CM: 4

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。