百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

2013から2014へ 

今年も残りわずかになりましたね。
2013年を振り返ってみると、アクリルばっかいじってたような気がしますw
去年の年末に計画を立ててましたが、計画通りに進行してないし、
ブログの更新もサボりまくりの1年でした・・・w
まぁ、こんな感じのほうが自分に合ってるんですけどねw

2013年の作品は、
PC-6Bから始まり、オリジナルのまな板・Prodigy・オリジナルのケースの4台。
これが多いのか少ないのかは人によって違うのかもしれませんが、
自分のペースだとこれぐらいがベストな気がします。
もうちょい少なめでもと思ったりw

で、2014年の計画ですが、
計画立ててもどうせ変更するし思いつきで作っていけばいいかなw
決定しているのはM8を完成させることですね。
後は2台のDDをどうするか・・・
正直、そのときになってみんとなんとも言えないw

そんな感じで来年もマイペースで思いついたことを実行していこうと思ってます。

最後になりますが、当ブログを訪問してくださった読者のみなさま、
本当にありがとうございました。
来年は少しでも多く記事を書けるように心がけていくつもりです。

それでは、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/30 Mon. 21:33 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 5

Change the color 

突然ですが、キーボードを変えてみました。
Ducky DK9008 Shine2ってメカニカルキーボードで軸は茶軸。
イルミネーション機能が付いていて光ってくれます。


イルミネーションの色はブルーで国内向けはこの色しかないようです。

2日ほど使ってみて、違う色にできるんじゃないかと思い・・・
3日目には必要な物を購入。

とりあえずLEDを


130個購入してみたw 色は紫(すみれ)です。
それとハンダ吸引器も購入。(手動の安いやつです)

で、保証がなくなるのを承知でバラします。


画像は基盤の裏側になります。
拡大するとこんな感じ。


わかりにくいですが画像下の白丸の部分にLEDが取り付けされています。
キー1個に対してLED1個が取り付けられているので、120個弱必要になります。

まずはブルーのLEDをハンダ吸引器を使ってすべて撤去します。
作業は簡単ですが、同じ作業の繰り返しなので飽きますw

約1時間ぐらいで、すべて撤去完了。


これから先ブルーLEDは買わなくても済みそうですw
後は同じ場所に購入したLEDを取り付ければ完了なんですが、1つやるべき事が。

とりあえずこの画像を。


左がブルーLEDで右が購入した紫LEDです。
比較しなくてもわかることですが紫LEDには根元に1mmぐらいのツバがあるんです。
LEDの長さは同じぐらいなので問題なしですが、このツバのおかげでキーと干渉します。
なので、このツバを削ることにw (120個弱すべて削りましたよ・・・w)

削り終えたLEDをキーボードに差し込みます。


ここまでくれば後はLEDの足を切ってハンダで止めれば完了です。

点灯



点灯してないキーが2つありますが、任意で消していて問題なく全部光ってくれます。
無駄に時間を費やしてしまいましたが、想像していた通りになってくれたので満足していますw

バックライトの色を変えたいときは参考にと言いたいところですが、
保証はなくなるし、別途費用がかかるのでオススメはしませんw
それでもやってみようって思ったかたは自己責任でお願いします。

マウスのLEDが白なので紫にしてみようかと思ってますが、
それはまたの機会に。

Posted on 2013/12/20 Fri. 00:29 [edit]

Devices  /  TB: 0  /  CM: 4

個人輸入 CaseLabs編 

M8で必要なパーツをCaseLabsのメーカーサイトから購入したので、
注文のやり方を画像付で説明していきます。
M8は2年前に別のショップで購入したので、取引は今回が初になります。

まず、商品を選んでカートに入れていきます。


購入するパーツが揃ったらサイトの上のほうにあるView Cartをクリックします。
クリックすると画像の画面に飛ぶので、間違いがないか確認してから
この画面をPrint Screenで画像に収めメールに添付し見積りを依頼します。

簡単な文章でも返信はきますw
私の場合は「見積り依頼します」的なことと、
Email Address: メールアドレス
First Name: 名前
Last Name: 苗字
Phone Number: 電話番号
Address Line: 区町村 番地
Suburb/City: 市
Country: Japan
State/Province: 都道府県
Zip/Postcode: 郵便番号

を英語で記載し送信しました。
住所等の書き方は当ブログのカテゴリ 個人輸入関連に例としてあげてる記事があるので
そちらを見ていただけるとわかると思います。

返信メールは1日ほど待てばきます。
配送業者と送料が何種類か記載されているので1つ選んでください。

Thank you for contacting us for an international shipping quote!
These quotes are valid for 14 days.
Shipping/Handling:
FedEx International Economy - $66.00 3-5 business days with tracking
USPS express mail - $69.00 5-7 business days with tracking
USPS priority mail - $51.00 8-12 business days with no tracking information

こんな感じの内容です。
見積りは14日間有効みたいです。

どれにするか選んだら、メーカーサイトへ


紫のラインで囲っているところをクリック。

クリックしたらこの画像の位置まで下にスクロールしてください。



これも紫のラインで囲っているところをクリック。


画像の画面になったら配送業者と送料を入力します。
私の場合は、FedEx International Economyを選んだので$66と入力。
で、なぜかこれをカートに入れますw

カートを見てみると。


カートに送料が追加されますw
ここで送料込みの金額が表示されるので、間違いがないか確認してCheckoutをクリック。

クリックすると、住所等を入力する画面に。
進めていくと最後にクレジットカードの入力画面にでます。


必要事項を入力してOrderをクリックすれば完了です。

いつもならPaypalを使うのですが、何度やってもPayPalを選択することができなくて
再度問い合わせるのも面倒なので、今回は直接カードで購入することに。

おそらくアカウントを最初に取ってログインしてから
送料をプラスしたカートでPayPalをクリックすれば使えるような気が・・・
ただ、試したわけじゃないので、正解とは言えません。
どうしてもPayPalで支払いしたい場合は問い合わせるほうがいいと思います。

少し心配になったので、カード会社に確認したところ問題なく
表示された金額で支払いできてました。
商品のほうも配送業者から直でメールがきて11日に届く予定になってます。

詳しく書いたつもりですが、わからないことがあればメールしてもらってOKです。
コメントでもOKですよ。

Posted on 2013/12/07 Sat. 23:50 [edit]

75%?【M8 Ver.3用パーツ】 

今年の個人輸入はこれで最後になると思います。
予定では、どれも購入する必要のなかったパーツで、
いろいろと考えてたらカートに入ってて、オーダーをクリックしてたって感じです・・・w

取引させていただいたショップは、お馴染みのAquatuningとPPCS
それと取引は初になるCaseLabsの3ショップ。

まずはAquatuning


airplex modularity system 360 mm

かなり前からほしかったパーツで、一言で言えばかっこいいw
これを2台購入してます。
VGAを1枚にする予定なので、今回M8に搭載するラジエターは360が2台のみ。
Aquaのラジエターの中では安値なほうですが、他メーカーなら2台買える価格w
銅フィンほしかったんやけど 1台€180はね・・・w
サイドのシルバー部分を他の色に交換できるみたいですが、あえてこのまま使用します。


続いてPPCS
 

Gentle Typhoon Fan 1450 rpm

Ver.2でも使用していたファンで、今回は回転数が1450のタイプ。
左側のラジエターにNoiseBlocker、右側にGentle Typhoon 1850rpmと
使い分けてましたが、Gentle Typhoon のほうが静かです。
国内でも売ってると思いますが、ラジエター用となると結構な数が必要なんですよね。
なので在庫の多い海外からラジエター用で12個購入。

PPCSからはスイッチも購入してます。
Ver.2ではリング状に光る物を使用してましたが、今回は光らないタイプを購入。
電源ランプやアクセスランプは別にする予定です。

それとこれ。


Aquacomputer aquaero 6 PRO

これ持っとるやんって思うかもしれませんが、5じゃなく6ですw
5との違いですが、6は40個のファンと2台のポンプを回せますw


動画みた瞬間、これは買うべきだと思いましたねw
ポンプはPoweradjust 2で、搭載するファン17個をaquaero 6でコントロールする予定。
ブラックパネル・水枕はAquaero 5で使っていたものを使います。



12/6追記(Aquaeroの水枕について)
コメントで教えてくださった方がいたので、調べてみたところ
Aquaero 5の水枕は装着不可で、基盤比較の画像を見たら形状が違ってました。
そもそも水枕を取り付ける穴が基盤にあいてません。
Aquaero 6はAquaero5 ほど高温にならないようなので、水冷にする必要がなさそう。
Aquaero 5に付いていた巨大なヒートシンクがAquaero 6には付いてませんし。


今後販売されるかはわからないので、水冷化はしません。
貴重な情報ありがとうございました。



最後にCaseLabs
ケースは買ってませんよw
買ったのはオプションパーツと右サイドパネルです。
以前ショッピングカートが使用できないと記載しましたが、今はできます。
ただ見積りを出してもらわないとダメなので、メールで依頼する必要があります。
ここでは詳細の記載はしませんが、次回の記事で購入方法をUPする予定です。


今回で約75%ぐらい揃ったと思います。
残り25%はフィッティングとかクーラントになるかな。
作業は注文したパーツが届いてから開始していきます。

今のアイデアを纏めるとかなりシンプルになりそうなんだよねw
それが吉とでるか凶とでるか・・・
まぁ、やってみないとわからんねw

Posted on 2013/12/04 Wed. 18:49 [edit]

Magnum M8  /  TB: 0  /  CM: 10

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。