百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Original Tech Station episode.6 

久しぶりの更新になります・・・
作り直しが多く、記事にできる内容ではなかったのと、
先週はまったく手を付けなかった為、まだ完成はしていません。

ブログに関してなのですが、昨年は週に3回ほどネタを探して更新していました。
今後もこれを続けていくつもりでいましたが、ネタ探しにも限界がありますw
ってことで、Mod作業記事を9割で1割は気になった事を記事にしていこうと思います。
そう決めたのは先週なんですが、めっさ楽になったw
何事も続けていくには自分のペースと考えでやるべきですよね。

Tech Station 6回目の記事はドライブのマウント作成です。

私の場合、どのケースでもそうですがベイをほとんど使用しません。
ケースによってはすべて取り外してマウントを自作することが多いです。

今回は市販のケースではないので、当然のことですがマウントを作る必要があります。

今まで作成した物を参考にして試みた結果、Tech Stationのマウントはこんな形に。


アクリルを切って曲げただけですわw
今までのマウントを参考にしてないと思われるかもしれませんが、
いろんな形のマウントを3つほど作成したんです。 しかし、どれもこれも合わないw
作り直しを繰り返し1番マッチしたのが、曲げただけの簡単な形だったんです。

一応、これ1個で光学ドライブとSSDを設置できるようにしています。


下段にSSD、上段に光学ドライブ(スリム)。

これをマザーボードトレイの裏側に取り付けます。


はっきり言って面白みはありませんw
凝ったデザインでもないですし、複雑な加工もしてませんw

マウントを装着した全体画像です。


トレイの約1/4ぐらい設置スペースが必要で、
ケーブルを這わせたりするとこれ以上の大きさのマウントを設置することは厳しい。
バランスを考えるとベストな大きさになってると思います。

正面からの画像。


この状態だとバランスが悪く見えなくもないですが、
右側に電源を取り付けるので、左右のバランスは上手く取れるんじゃないかな。

マウントも完成したってことで、トレイを磨きまくりましたw


土台と同じでペーパーかけて研磨剤で磨いてます。
ネジ穴やスイッチ用の穴が見えるぐらいになってるので、上手く光ってくれることを願いますw

マザーボードトレイにも0.5mmのアルミ板を表裏に貼り付け。


アルミの貼り付けについては悩みましたが、アクリルだけよりも質感がでたような。
最終的にこのアルミは塗装します。多分ツヤ消しブラック。

残る作業はケーブルの調整&スリーブと塗装ですかね。
記事にするほどでもないので、次回がFinalになります。
次のブログ更新で紹介できると思います。


記事のほとんどが作業のことになり、頻繁に更新することは少なくなりそうですが、
これからもよろしくお願いします。

暇なときにでも見ていただけるとありがたいです。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
スポンサーサイト

Posted on 2013/03/20 Wed. 23:17 [edit]

Tech Station  /  TB: 0  /  CM: 5

Original Tech Station episode.5 

ブログを書いてていつも思うことなんですけど、

更新少なめで長い記事にするほうがいいのか?
更新多めで短い記事にするほうがいいのか?
それとも気が向いたときに更新すればいいのか?

まぁネタがなければ更新できないわけですが、どうなんだろw
あんま深く考えないほうがいいのかもしれませんねw

前置きはこれぐらいにして、前回に引き続きTech Stationの製作です。
今回は仮組みになります。

わかっていたことですけど、厚みのある素材の加工は時間がかかります。
テーブルソーを使い始めてからカットにかかる時間は短縮されましたが、
仕上げのヤスリ掛けや、真っ直ぐな穴あけには倍以上の時間がかかってしまいます。

今回40箇所の穴をあけましたが、めっさ時間がかかった・・・w
すべて素材を固定するネジ穴なんですが、片方の素材の厚みが8mm以上ってことで、
半分の20箇所はスタンドを使用しての穴あけになります。

あけた穴にネジを通してナットで止めれば組立完成です。


土台とマザーボードトレイを繋げる柱には10mm厚のブラックアクリルを使用。
これにアルミ製のL型アングルをネジで止めてあります。
使用したブラックアクリルは2個で電源が収まる幅をあけて取り付けてます。

Danger Denのケースみたいにアクリルに切り抜きを入れ、
ナットを埋め込めれば綺麗なんですけど、そんな技術 私にはありませんw

固定に使用しているネジですが、
エッジを光らせるマザーボードトレイ部分にはポリカネジ、土台部分にはブラックネジを使用。


マザーボードトレイのエッジ部分が曇って見えると思いますが、
まだペーパーヤスリの180番しかかけてません。
ここから番手を細かくしていき最終的には土台部分と同じ感じになります。

全体の画像。


シンプルすぎて面白みがまったくないw
斜めにアクリル棒を通そうと、マザーボードトレイの左側に穴をあけてみましたが、
アクリルが欠ける・SSDや光学ドライブの設置場所がなくなる・笑うぐらいにダサい
と三拍子そろってしまい、穴をあけたものの却下することにw
筋交いみたいにすればかっこいいかなって思ったんやけどなぁ・・・
アクリル棒の本数を減らして再度挑戦してみます。

こんな感じで作業自体は穴あけただけなんですけど、
慣れてないのもあり時間がかかりすぎて思ったように進まなかった。

次回の記事で電源やドライブのステーを作成し取付。各部の調整に入ります。
ケーブルの調整やスリーブは何度か紹介してあるので、記事にしないつもりです。

順調に進めばepisode.7で完成画像を公開できるんじゃないかな。
M8とDouble Wide2台の計3台がMod待ち状態なんで、急いで完成させないと・・・w



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2013/03/03 Sun. 22:46 [edit]

Tech Station  /  TB: 0  /  CM: 4

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。