百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

加工可能? 

新たな加工に挑戦する為、久しぶりに工具を購入。
主にアクリルの加工で使用することになると思います。
DD Modする前にアクリル加工のレベルアップになればと。
そもそも成功するかどうかもわからん加工なんで、レベル云々の話じゃないかもですがw

パネルの作成には厚みのないアルミ板やアクリル板を使用していて、
アルミ板で1mm~1.5mm アクリル板で1mm~3mm これ以上の厚みになると、
加工が難しくなり、真っ直ぐカットするだけでも時間がかかったりするんです。
そんな理由で厚みのある板は避けていたんですが、
アルミはともかく、アクリルは厚みあるとかっこいいんですよねw
ケースと同じ厚みだとバランスが良くなりそうですし。

結果、挑戦するしかないw

初歩的なことかもしれませんが、真っ直ぐカットできないと話にならない。
10mm厚となるとアクリルカッターでは時間がかかりすぎるので、
リューター等の電動工具かアクリル専用鋸のほうが効率がよさそう。
左右の歪み+表裏の歪みを気にしつつ真っ直ぐ切る方法・・・

探したら案外すぐ見つかったw

要は鋸の刃がブレなきゃいい。

で、これ。


ソーガイド・エフ 30102
丸の部分に鋸の刃を差し込んでスライドさせながら切っていく道具です。
元は木材用らしいのですが、アクリルでもいけるんじゃないかと。

使い方はこんな感じです。


左手ズレたら終わりですが・・・w

角度切りができるってことで、テーパー加工もできるような気がするw


普通は機械加工なんだろうけど、
これが手作業でできれば四角にカットしただけのアクリルでも見栄えが良くなりそう。
誰でも簡単に『直線・角度切り』ができます。って言葉が個人的にひっかかりますが、
物が届いたら実際にやってみますw

成功しても失敗しても、とりあえず記事にしてみようかと思ってます。
まぁ、期待しないでお待ちくださいw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/30 Fri. 23:49 [edit]

CaseLabs Magnum M8 Mod Ver.3 計画 

Air Boxを完成させてからモチベーション下がりまくりで、
作業がまったく進まない状態になってますw
さすがにこれじゃあかんので新たな計画を立てて気分を変えてみようかと。

新たな計画は、年内には取り掛かろうと思っているM8リニューアルです。
3度目ということでVer.3とし、前回を上回る仕上がりになるように頑張ってみます。

ケースを新しく購入したわけではないので、カテゴリはMagnum M8の欄に入れていきますが、
記事数が多くなることもあり、WorklogにVerをわけてバナーを設置してみました。
ブログ画面がごちゃごちゃしてきてますので、ここが見にくいとかあれば教えてくださいw

で、今回のM8 Mod Ver.3は、
水冷パーツの変更を主とし、設置場所の変更や水路の変更。
決定ではないですが、メインパーツの変更もしてみようかと思っています。

少し詳しく説明するのにケースの左側と右側の画像を用意してみました。


こっちが左側。

・リザーバーの変更
 現在使用しているEKのリザーバーをAquacomputerのaqualisに変更します。
 リザーバーが同じサイズになるので、Ver.1に似た感じになると思います。

・ポンプの変更
 Laing DDCポンプをLaing D5ポンプに変更します。
 直列1系統の現在のシステムを2系統にしますので、これもVer.1に似た感じになるかな。

・水路の変更
 水冷パーツの設置場所を変更する予定なので、大幅に変更することになりそうです。
 
・ケースファンの変更
 光っているケースファンを光らないファンに変更します。
 数にして、フロント5つのリア1つです。

・底部分(ミラーアクリル)変更
 ミラーアクリルやめますw
 光らせるなら導光板を使用してみます。

・メモリ変更
 現在8Gのメモリを16Gに容量UPします。

・VGAの変更(未定)
 GTX570をSLI構成にしてますが、GTX680に変更しようかと。
 決定の場合、水枕はWatercool HEATKILLERにする予定です。

左側はこんな感じです。

続いて右側。


・ファンコン撤去
 ファンを連結すると動作が不安定になるこのファンコンは撤去しますw

・240ラジエターの位置変更
 360ラジエターに連結できるかやってみますw

・SSDの固定
 固定されているように見えるかもしれませんが、置いてるだけですw
 ちゃんと位置を決めて固定してあげます。

・ケーブルの調整
 若干長かったり短かったりしてますので、隠さなくても綺麗に見せれるように。

右側はこんな感じです。


色はM8 Ver.3もVer1・2と同じく紫(すみれ)をメインでいきます。
もちろんスリーブカラーの変更もしません。
LEDファンをLEDなしファンにするので、光物は間接照明的な感じになるかと。
リザーバーにLEDが設置できそうなので、その辺を上手く使ってみます。

パネル類の素材はアルミメインでアクリル・ガラスも使用予定。
全てのパネルを撤去し、新たに作り直します。
右側サイドパネルをソリッドにするか思案中。

毎度の事ですが、アイデアが浮かべば採用していきますので、
計画と違う事をする可能性があると思いますw
Mod開始予定は12月に入ってからで、3ヶ月ぐらいかかりそうです。


現在進行中のPC-6B Mod、こいつがモチベーション低下の原因ですw
やっぱ塗装の仕上がりを見て捨てたくなった事が大きいかな。
完成はさせますが、M8 Mod Ver.3が終わったらDDにパーツ移植してやる!w



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/27 Tue. 19:44 [edit]

Magnum M8  /  TB: 1  /  CM: 8

気づいたら・・・ 

10日ほど前に購入していた物が届きました。
あるパーツが届いたのですが、Mod開始するまで公開は避けるつもりでいました。
そうした場合、公開は来年の夏ぐらいになってしまいそうでw
記事にすることで、読者の方に来年の予定を伝えることにもなるので、今しておこうかと。


で、何を購入したかといいますと。


Danger Denのケースです。
ショップサイト閉鎖を知ったのがセール後で、ケースはすべて売り切れ。
なんとなくその後もショップサイトのチェックしてたんです。
何日か経過したときに、Overstockってカテゴリが追加されていて、
その中に載ってあったんですケースがw

Overstockってことで、カスタマイズ不可。
色も決まっていて、もちろん変更不可。
内容は記載されていましたが、詳しくは書かれていませんでした。

これが通常価格で販売されていたら購入してませんでしたが、
販売価格の67%OFFになってあり、気づいたらカートに入ってましたw

購入したのはDDでは1番ほしかったケースです。

Danger Den Black Series Double Wide Tower 21


読者の方から譲っていただける予定のケースと同じケースになります。
2台も同じケースは必要ないと思うかもしれませんが、2台あっても問題ないかなとw
問題があるとしたら置き場所ぐらいかな、でかいですしw
もちろん2台ともModする予定にしてますし、使うつもりでいますよ。


開封してカスタマイズの内容を確認。

フロントパネル。


フロントパネルは左側に5インチベイ2段のタイプになります。
これは私の中では当たりw

リアパネル。


上部に電源1台設置できるタイプでPCIスロット数は7。
悪くない配置ですけど、電源2台設置できるタイプがよかった・・・
加工するにもファン穴があいてしまってるので、電源の穴あけれんw
まぁ、安いので我慢することにしますw

付属品。


5インチベイのマウントとHDDマウントは付属されていました。
あとはI/O Shieldとネジ類。

Danger Den double wide tower 21は、両サイドのパネルが2枚構成になっています。
パネルは全部で9枚で2枚はサイドパネル用のクリアアクリル。
5枚はブラックアクリルで、フロントとリア2枚のみカスタマイズできるみたいです。

届いたケースはサイドパネル以外のパネル7枚がスモークアクリルで、
オーダー品になるようです。 (各マウントもスモークアクリル)
ケースの価格がSR-2トレイでもないのに$450なのが疑問だったんですよね。
ちなみにフロントとリアのみスモークアクリルのShadowだと$400ぐらいです。

$450の67%OFFってことで、ケース本体の価格は$150。
送料には驚かされました、ケース代より高く$190w

合計で3万円弱になっちゃってますが、送料は普通に買ってもかかるものなので、
あんま気にしないようにしてます。
まぁ 安く購入できたので、かなり満足w

予定ではM8リニューアル後にModしていくつもりです。
来年の初めぐらいに依頼が入りそうなので、やっぱ来年の夏ぐらいになるかな。
詳しくは年末にでも報告するとして、今やるべきことをやらんと・・・w



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/23 Fri. 22:30 [edit]

ケース  /  TB: 1  /  CM: 9

わずか3日 

Amazon UKからマウスが届きました。
注文したのが18日(日)19時ごろで、到着したのが21日(水)18時ごろ。
3日で届いたってことになりますw
今まで取引した海外ショップの中では、圧倒的な早さです。


箱は日本のAmazonと同じ感じ。
配送方法は2つあって、選んだのは安いほうですが高いほうだと2日で届くのか?w
目立った外傷もなく無事に届いてます。

余談ですが、
Amazon UKでアカウントを取ると、ドイツのAmazonでも同じアカウントが使えます。

まず、箱


本体と取扱説明書


インストールディスクは付属されていませんでした。
設定のソフトウェア(英語のみ)は公式サイトからダウンロードできます。


簡単なレビューしておきますかw

Razerと比べたら安っぽいかな。

色の設定が曖昧すぎる。
M8に合わせて数種類の紫を設定してみましたが、どれも同じ色にしか見えないんですよねw
ちなみに常時点灯か点滅かの選択ができます。
PCの電源を消してるときにマウスのボタンを押すと光り続けますw(意味がわからんw)

24インチのモニタで8200DPIなんか使わない。
マルチディスプレイでゲームをやるにはいいかもしれませんが、
1台じゃ少し動かしただけで端から端まで移動しますw

でも、私には使いやすいかな。
かっこいいですし、一応紫に光ってますし。


画像はピンクぽいですけど、実際はもう少し青い感じです。

ソフトウェアが英語なのもあり、どんな機能があるのか分かってませんので、
時間があるときに色々と試す必要がありそうです。
使って1時間ほどで詳しくなんか書けませんw

かっこいいのと紫に光ってるだけで、このマウスは私の中ではアリですけどねw


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/21 Wed. 23:32 [edit]

入力機器  /  TB: 0  /  CM: 3

ROCCAT 

最近マウスの調子がいまいちで、PCの電源入れても認識してないことがありまして。
5年ぐらい使用しているので、そろそろ買い替え時かなと。
現在使っているマウスはRazerのLachesisで型が多分1つ前のになります。

同じRazerのマウスにする予定で日本橋まで行ってきましたが、
最近のRazerは緑に光るのが多いのですね・・・
そこのショップには色を変えれるマウスはMambaしかなかった。

他のメーカーのもチェックだけ入れておこうと歩き回って見つけたのが、ROCCAT。
ドイツのメーカーらしく、種類は少なかったけど色が変えれるのもあり、
自宅に戻って詳しく調べてみることに。

ROCCAT


こんなメーカーあるの知りませんでした。
画像の新作2種は国内ではまだ販売されていないようです。

国内販売されている機種。




普通ならこの5機種の中から選ぶところですが、新作2機種が気になるんですよねw
新作のどちらにするかを決定し、メーカーサイトから取扱店を検索。
アメリカでは未入荷ぽいのでドイツとUKを上から下までクリックし、
Paypalが使えて日本に送ってくれるショップを探し回りました。(2時間ぐらい・・・w)
結果、Paypalで支払えるショップは多いのですが、日本に送ってくれるショップがないw
半ば諦めようかとも思いましたが、こうなってくると逆にほしくなるw
それから探すこと1時間、Amazon UKで購入することに。

で、購入したのが
ROCCAT KONE PURE





詳細にいろいろと何か書いてましたが、気になるのは使い勝手が良いか悪いかだけ。
後は、見た目ですよw
メーカーロゴが光るのと、色を変えれるってので選んだみたいなもんですからw

Amazon UKは日本には送ってくれますが、Paypalが使えませんでした。
気になる価格は送料込みで9000円ぐらい。
国内で販売されている1番高い機種で9000円ぐらいですから、
解像度が上がっている上位の新機種でこの価格なら安いかな。

無事に届いたら、また報告します。
レビューは苦手なんで、見た目のことしか書かないと思いますがw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/18 Sun. 22:11 [edit]

入力機器  /  TB: 0  /  CM: 4

アクリル加工 Part2 

コメントで質問があったアクリル板の加工法を紹介します。
アクリル板の加工はアクリルカッターを使用します。
ある程度の加工ならインパクトドライバーは必要ですが、小道具で加工できます。

今回紹介する加工はAir Box Modで作成したSSDマウント部分です。


黄枠のカット方法になります。
これはマザーボードトレイ(赤枠)と同じようなラインにカットしてあります。
実物は3mmの集光ピンクアクリルを使用しましたが、今回は2mmの蛍光ピンクを使用。

まず下書きから。


斜めラインの角度は自分の好みで変えてもらったらいいかな。
これをアクリルカッターでカットしていきますが、手を加えてやる必要があります。

カットラインの下書きとは別にラインを加えます。


赤がカットするラインで黄が加えるラインです。
加工紹介ということで、画像左は斜めの部分に丸みを出し、右は角を出してみます。
私は丸みを出すのにヤスリではなくビットを使います。
丸みを出す左側には10mmのビットを使用し、角を出す右側は2mmのビットを使用します。
画像の白ラインは各ビットの半径と同じ寸法になってます。
10mmのほうは5mm、2mmのほうは1mmです。
黄ラインが交差する点の部分にビットを使用し穴をあけます。


あけた穴がカットラインをオーバーしていなければOKです。
穴をあけることでカットが楽になりますし、綺麗に仕上がると思います。

カットラインをアクリルカッターでカットしていきます。


あまり力を入れると、穴をオーバーして必要な部分に傷が入りますので、
時間をかけて丁寧に作業することをおすすめします。

ある程度溝が入れば折ってしまうのですが、このままじゃ折ることができません。
面倒ですが、あけた穴から外に切り込みをいれます。


歪んでも問題ないので、ノコギリでカットします。
後は折っていくだけです。


折る部分が小さいと手で折るのが困難なので、ペンチを使います。

カット完了。


角度が180°以内であればこの方法でカットできると思います。
文字だけ見ると面倒だと思うかもしれませんが、めっちゃ簡単ですw

丸みを付けた部分の差です。


まぁ、あんま変わらんねw
90°とかならかなりの差がでますけど、この角度じゃこんなもんですw

これを仕上げていきます。
私が仕上げに使う工具です。


ヤスリ・ペーパーヤスリ・アクリル専用研磨剤です。
ヤスリはいろいろな種類があるので、必要なタイプを揃えればいいと思います。



折ってカットしてますので、切り口は綺麗ではないですw
画像をみてもらうとわかると思いますが、段差がついてます。
アクリルカッターを入れたとこは溝になってるので、凹みます。
逆に折ったとこは凹みませんのでこのような段差が発生します。

まずは棒ヤスリでこの段差をなくしていきます。
アクリルカッターで入れた溝は定規を用いてますから真っ直ぐ切れてるはず。
なので、これに合わせてヤスリをかけていきます。

段差をなくした状態です。


棒ヤスリはペーパーに比べると荒いので、傷が結構つきます。
この傷をペーパーヤスリで消していきます。


画像は600をかけた後になります。
傷が深い場合は360や400を使い、600>1000>1500と順番にかけます。
気分で2000までかける時がありますが、まぁ1500とあんま変わりませんw
今回は1500までかけました。

1500までかけて、傷がないか確認をし研磨剤で磨きます。


磨く部分はエッジのみなので、研磨剤は少量でOKです。
大量に付けるとエッジ部分をオーバーしてしまい面の部分に傷が付いてしまいます。

研磨後の完成画像です。


時間があまりなくカットした部分しか仕上げてませんが、こんな感じになります。
カットよりもヤスリ掛けや研磨に時間をかけたほうが綺麗に仕上がります。

今回は2mm厚のアクリル板を使用しましたが、3mmでも加工法は同じです。
厚みがある分アクリルカッターで入れる溝を深くする必要がありますが。

この方法を曲がりのカットの基本にしていただければ、後は応用ですから
複雑なカットもそんなに難しくないと思います。
是非挑戦してみてください。


こんな感じで、加工については問合せをコメントでいただければ、
その都度紹介させていただきます。
Mod記事でも紹介していきますが、わからない事があれは気軽にコメントしてください。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/17 Sat. 22:33 [edit]

パネル加工  /  TB: 0  /  CM: 6

オールアクリルケース 

Air Boxを使ってから、アクリルケースの虜になってしまってるのか、
金属ケースのPC-6Bでは、いまいちやる気が起きない・・・w

まぁ、かなり先の話になりますが、
PC-6B・M8リニューアルが完了したら、アクリルケースを使ってみようかと。
Danger Denのケースが手に入らなくなったのもあり、
他のアクリルケースメーカーを調べてみました。

まずは、SUNBEAMTECH


SUNBEAMTECHと言えば、と~やん。さん が1号機に使用されていて、
Air Boxをいじる時にかなり拝見させていただいたので、
私にとっては馴染みのあるメーカーですね。


次に、Mountain Mods


以前にもブログで紹介させていただいたメーカーです。
アクリルケースではないですが、かなりの大型ケースもラインナップされており、
購入時にカスタマイズできるのがいいですね。
アクリルケースはマザーボードを寝かせるタイプのみ。

他にもありそうですが、気になったメーカー2社をあげてみました。

この中で特に目を引いたのが、Mountain Modsの画像右のケース。
Transparency
Material: .25 inch Cast Acrylic
5.25 devices: One
Hard drives: One
PSU size: Full ATX
Form Factor: mATX
Fan mounts: 3 x 120mm
Empty Case Weight: 8 lbs.

価格が上がりますがクリア以外のアクリルを選択できます。

MicroATXなのもあり、小型のケースになると思いますが、なんか面白いw
手頃な価格なので、購入するならこれかなって思ったりしてますw

Air Boxは黒をできるだけ使わずに明るめで綺麗な感じに仕上げましたが、
もしこのケースでModするなら、スモークアクリルにして黒をできるだけ使って、
暗めで綺麗な感じに仕上げたいかな。

まぁ、かな~り先の話になりますので、来年の予定ということでw
早くPC-6B仕上げないと・・・



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/15 Thu. 21:58 [edit]

ケース  /  TB: 0  /  CM: 5

Danger Den Air Box Mod Final 【episode.7】 

Danger Den Air Box Mod 最終です。

OSのインストールも問題なく完了し、無事に納品することができました。
かなり気に入ってもらえたようで、
自分のPCが完成した時とは違った喜びを得ることができたように思います。

必要ないかもしれませんが、一応構成をw


Danger Den Air Box Mod
【CPU】 Intel Core i5 3470
【MB】 ASRock Z77 Extreme6
【VGA】Evga GTX650 1GB DDR5 01G-P4-2650
【Mem】ADATA AX3U1600GC4G9-2G
【SSD】Intel 510 SSDSC2MH120A2K5
【Case】Danger Den Air Box
【PSU】SilverStone STRIDER SST-ST75F-P
【Cooler】PROLIMA TECH Samuel 17

使用用途がネット・動画鑑賞・ちょっとした事務作業ってことで、
それに合ったパーツを選択させていただきました。
パーツも見た目優先で選んでます。


では、起動します。


フロント・リア




フロントにはファンガードとフィルタを設置。
リアにはフィルタのみを設置しています。
スイッチは白色LEDのリングタイプに交換。

マザーボード周辺





唯一公開していなかったもう1つのLEDは星和電気さんのパステルLED「さくら」です。
まぁ、アクリル板にピンクを使用してましたし、
計画のときにさくら使うみたいなことも書いてましたから予想はついたと思いますがw

アイスブルーとさくら、まったく違った色を組み合わせるのはちょっとした冒険ですね。
同じパステルカラーというのもあり、上手く纏まったと思います。

5インチベイ周り



ファンコンのつまみはシルバーに変更。
表示カラーは白で設定していますが、さくらLEDの光が勝ってるせいか、
ピンクぽい色に変わってしまっていますw
これは予想していませんでしたが、かなりいい感じになってますw

SSDマウント周り



画像ではエッジがオレンジに見えますが、実際は濃いピンクです。
ケーブルが邪魔で上手く見せることができない心配もありましたので、
ケーブルをねじってマウント部分を見せる方法を試してあります。

最後に全体画像です






マザーボードを設置したことで、
Extra Editionで公開したセピア調画像の時とは違った感じになってると思います。
全体的に暗くなったように見えるかな。

でも実際に見ると、かなり派手ですw
派手に美しさもプラスして組み上げたつもりです。
気に入ってもらえたので、派手なPC希望って項目はクリアしているかとw


Air Box ModはExtra Editionを入れ8回に渡って記事にさせていただきました。
金属ケースと変わらない作業しかしてませんが、面白かったw
初めてオールアクリルケースを使用し、久しぶりに空冷で組んでみましたが、
いかかでしたでしょうか?
楽しんでいただけたなら嬉しく思ってます。


次回のMod記事はPC-6BのFinalになりますかねw
久しぶりにケースみたら、ホコリかぶってましたわw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/11 Sun. 19:54 [edit]

DD Air Box  /  TB: 1  /  CM: 14

Danger Denが・・・ 

久々にModではない記事になります。
2台のModも完成間近となり、次回Modの構想を練る時間ができてきましたので、
ショップサイトでパーツのチェックをすることに。

次回ModはM8をリニューアルするつもりなので、ケースは購入しません。
でも、ケースを見てしまうんですよねw

気になるケースは前に紹介したCaseLabsのMerlin SM8、
それとAir Boxをいじったことで欲しくなったDanger Denのタワー型。
Merlin SM8はCaseLabsのショップサイトでしか購入できませんが、
Danger DenはPPCSやFrozenでも販売されています。

PPCSでDD(Danger Den)のケースを見たら、少し種類が減ってまして、
よく売れてるなぁと思いつつFrozenのほうもチェックしてみると、
ケースすべてにOut Of Stockの文字が。

どうもおかしいと思いDDのショップサイトのCaseをクリックしてみると、
1台もケースがない・・・
Newsをクリックしてみると、ショップ閉店のお知らせが・・・
11/5(月)まで在庫すべて75%OFFとまで書かれてました・・・
最近ショップサイトチェックしてなかったからなぁ。
75%OFFなら100%購入してたのに・・・
それ以上にDDがなくなることのほうがショックでしたが。

そういうことで、DDのケースはもう手に入りません。
最後にAir BoxでPCを組めたのは、ある意味ラッキーだったのかも。

PPCSではケースの種類は限られますが、まだ在庫がありました。
デュアルタワーケースは残念ながら載ってませんでしたが。

これが最後のチャンスになるんでしょうね。

国内では代理店もなく手に入れることができないので、
馴染みの薄いメーカーですが、お気に入りのメーカーだったのもあり残念です。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/08 Thu. 22:50 [edit]

Danger Den Air Box Mod Extra Edition 

タイトルを見て「なんのこっちゃ?」って思うかもしれませんが、
番外編的な感じで、Mod作業完成後の全体画像を公開しておきます。

前回のMod記事が少し長めになってしまい全体画像を載せてなかったんですよね。
完成間近ってことで、アクリルケースの保護フィルムは剥がしてます。
LEDの状態を見ていただきたいのもあり、点灯させてますがカラーでの公開は避けてます。
カラーはFinalでお見せしますので、今はセピア調でご覧下さい。

前面


側面


斜め


実際はマザーボードがトレイに乗りますので、
角度によっては光が変化しますがこんな感じになってます。

残りのケーブルのスリーブも完成し、調整も完了させてます。
後はメインパーツを組む作業のみ。

パーツは本日注文してあり、明後日にはすべて手元に届くと思います。
依頼者の都合もあり、Final記事のUP日時をお伝えすることはできませんが、
近日中には書けるんじゃないかと思ってます。

画像編集してて思ったんですけど、セピア調のPCもいいなぁw
アクリルケース・モノトーンカラーのパーツ・電球色LEDでセピア調にならんかな?w
なんてくだらない事を考えたりしてますw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/06 Tue. 21:50 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 7

Danger Den Air Box Mod episode.6 

引き続きアクリル板を使ってパネル作成です。
画像が14枚にもなってますので、少し長くなるかもw

まず、DVDドライブのマウント作成から。


3mm厚の集光ピンクアクリルを使用。
少し変わった形にカットしていますが、これを曲げていきます。


こんな感じの曲げ方は結構難しいんですよね。
1㎜でもズレると左右のバランスが悪くなります。
これに蓋を取り付けますが、蓋を固定したとき斜めになってしまいます。
横幅が5インチベイの幅と同じサイズにする必要もあり、かなり面倒ですw

これに取り付ける蓋の作成。


蓋は2mm厚の乳白マットアクリルを使用。
カットして穴をあけてるだけですが、干渉する部分があり1.5mmほど段差をつけてあります。
内側の穴4つにファン分岐基盤を取り付けます。


固定はネジを使用。
横から見ると、ネジ>アクリル板>5mmスペーサー>基盤>10mmスペーサーって感じです。

蓋を取り付けて5インチベイステーに取り付けます。


蓋をすることで箱型になり、DVDドライブはこの箱の中に収まります。
DVDドライブの固定は1㎜アクリルを90°に曲げて作ったL型アングルを使います。
マウントはこれで完成です。

次に5インチベイのフロントパネルの作成です。
正直、これはもう作りたくないw
今までいろんな加工をやってきましたが、1番面倒な加工ですw

ファンコンLamptron FC5 V2のフロントパネルは金属で色は黒。
黒はできるだけ使いたくないので、取り外してます。


フロントパネルの厚みは4mm
このフロントパネルと同じ物をアクリルで作成するのですが、裏側に加工がしてあります。


3mmの深さで溝が掘られていて、溝にファンコンの表示パネルがはまるようになってます。
さすがに4mmのアクリル板にこの加工をするのは無理なので、
3mmアクリルと1㎜アクリルをひっつけて4mmにしてみようかと。

(これが2mm厚のアクリル板を使わず3mm厚のアクリルにした理由です)

5インチベイの大きさにカットした3mmと1㎜アクリルを重ねて加工していきます。
3mmは集光ピンクアクリルを1㎜は透明アクリルを使用しています。


ツマミの穴をあけた後の画像になりますが、穴の直径は10mm。
これズレると早い話が失敗になります。
下穴あけて、いきなり10mmビットでやると確実にズレるんですよね。
で、2mmで下穴あけて、3mm>4mm>6mm>10mmの順に穴を広げてます。

これにスロットインの切り抜きとファンコンの表示パネルの切り抜きをします。


作業中の画像です。
3mmアクリルは少しなら無理をしても割れることはありません。
しかしこの切り抜きだけは無理ができないw
かなり細いラインで切り抜く必要があります。
切り抜きはアクリルカッターだけでやることが多いのですが、
これだけはリューター使用してます。(粉まみれになるのが嫌なんですw)

切り抜き後、やすりで調整します。


さっきも記載しましたが、もうこれは作りたくないw
切り抜いて穴あけただけですが、面倒くさすぎるw

5インチベイに取り付けてみます。


無事収まりましたw

1㎜厚のアクリル板も同じ加工をします。


こちらはスロットインの切り抜きだけです。

5インチベイに取り付けます。


若干ズレてますので調整する予定です。
下側もネジで固定したほうがええかな。

ツマミはアルミ製のシルバーに変更します。
ネジで固定するツマミでそのネジが深い位置にある為、ツマミをカットする必要がありそうです。

最後に内部の画像です。


黒がかなり減ったw
マザーボードやVGAで黒が増えますが、できる限りのことはやりました。

Danger Den Air Box Mod、
LEDの換装から始まりアクリル板でパネルの作成まで進めてきました。
一応、これでMod工程はすべて完了です。
少し調整が残っている部分もありますが、記事にはしません。

メインパーツを組んで、起動チェックをして納品。
その後で、episode.7として完成画像を公開しようと考えています。
少し間があくと思いますが、しばらくお待ちください。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/04 Sun. 21:47 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 5

Danger Den Air Box Mod episode.5 

アクリル板3mm厚の加工は思ったように進まない・・・

予定では、すべて完成させて記事するつもりでしたが、画像の枚数も多く、
かなり長い記事になりそうなのでパネル作成の記事、2回を3回に変更します。
完成しなかった言い訳じゃないですよw

冒頭でも述べていますが、今回は3mmのアクリル板を使用しています。
これには理由があり、3mmじゃないと上手くいかない部分があるんです。
2mmと3mmを使い分けるほうが作業効率はいいのですが、
3回も買い直しをしていて、さすがにこれ以上アクリル板にお金をかけれないw

オレンジにしか見えない蛍光ピンクエッジアクリルを購入してなければ・・・w

で、新たに購入した集光ピンクアクリルがこちら。


やっと当たり引きましたわw
エッジ部分が濃いピンクになりますが、イメージ通りの色を手に入れましたw

画像右側のカットして下書きしているアクリル板を加工していきます。


加工と言っても切り抜いて曲げただけです。
画像でどこに取り付けるか分かりますよね。

取り付けるとこんな感じになります。


電源を隠すと言うより黒を和らげる感じですかね。
これに乳白マットアクリルで作成した蓋を取り付けます。


できればネジで固定したかったんですけど、マザーボードトレイとの隙間が2mmほどしかなく、
ネジの頭がトレイと干渉してしまう為、アクリル用接着剤で固定してます。

電源へ戻します。


電源にどうやって固定すかかなり悩みました。
Silver Stoneの電源はコネクタの上に穴が4つあり、内2つにM3のタップが切られています。
保証の問題で電源をバラすわけにはいかないので、この2つの穴を使用して固定してます。



次にSSDマウント作成。

加工はカットと穴あけのみなので、完成画像のみにしてます。


マザーボードトレイに固定した3本のアクリル丸棒を差し込みます。
マウントはマザーボードトレイに合わせた形にカットしてます。
普通に四角ってのも面白くないですしね。

マウントにSSDを直に取り付けるとケーブルが差せませんので、
ポリカナットを加工して2mmほど浮かして固定します。


実際はこの上にマザーボードがきますから、ほとんど見えなくなります。
見えないのにここまでする必要はないのかもしれません。
でも依頼品とは言え妥協はしたくないw

後は隣の5インチベイ部分に手を加えて完了です。
DVDドライブのマウントは完成していますので、
固定するアングルとベイパネルを作成し、episode.6として明日UPします。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/03 Sat. 21:54 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 12

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。