百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

BitFenix Prodigy Mod Final 【episode.7】 

Prodigy Mod 最終です。
一応水冷で組んでますので構成を。

CPU
 Intel Core i5 3570
M/B
 ASRock Z77E-ITX
VGA
 EVGA GTX570 HD
Mem
 SanMax DDR3-1600 4GBx2 ELPIDA
SSD
 Plextor M5 Pro 128GB
HDD
 Western Digital WD7500BPKT
BD
 Panasonic UJ265
CaseFan
 BitFenix Spectre LED Red 140mm BFF-BLF-14025R-RP
Fan Controller
 T-Balancer bigNG

【liquid cooling】
Pump + Top
 Swiftech MCP655T With Speed Control
 Bitspower D5 Mod Pump Top V2 + Bitspower D5/MCP655 Mod Kit Red Finish
CPU Water Block
 EK Supreme HF - Full Chrome - Limited Edition
VGA Water Block
 EK-FC570 GTX SE - EN (Nickel)
Mem Water Block
 MIPS RAM cooler 8 incl. 2 RAM Module Nickel POM Limited Edition
Chipset Water Block
 EK-ASUS NB/SB 1 Acetal
Radiator
 Alphacool NexXxoS XT45 Full Copper 180mm Single
 Alphacool NexXxoS ST30 Full Copper 240mm
Reservoir
 Bitspower Water Tank Z-Multi 150 Full Clear Acrylic Version
Fluid
 Fluid XP+ ECO EARTH Phantom Black
Radiator Fan
 Gentle Typhoon Fan 1150 rpm x2
 SilverStone SST-FN181
Fitting
 Bitspower
Tube
 Tygon R-3603 3/8ID (5/8OD)



ここからはサイドパネルを外して撮影しています。












こんな感じに仕上がりました。
はっきりいって今回は大したことしてませんw
外観はProdigyの特徴でもある取っ手的なものを外してあるので、
見た目に若干の変化があるかもしれませんが、
内部に関しては、ほとんどいじってない状態です。

元々ケースが水冷で組めるように設計させているので、
ケースに合ったパーツを選べば比較的簡単に組むことができると思います。

次回からは後回しになっていたM8の作業に入っていきます。
できれば3ヶ月以内で完成させたいと思ってますが、暑くなってきてますからね・・・w
まぁ、作業してたらそのうち完成するでしょうし、マイペースでやっていきます。
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/15 Mon. 21:20 [edit]

Prodigy  /  TB: 0  /  CM: 4

BitFenix Prodigy Mod episode.6 

約1ヶ月前からに計画を立てたProdigy Modですが、
すべての作業が完了し、作業記事としてはepisode.6で終わりになります。

作業記事最後は光物の設置です。
元々纏めてepisode.5で紹介する予定だったので、かなり短めです。
おまけに設置してからの画像しか撮ってませんw

まずは左側から


ケース設置場所の関係で左側はまったく見えない状態になります。
VGA水枕のアクリルカバーに2個と流水計に1個の合計3個。
画像の白丸3ヶ所にLEDを設置してます。

右側


こちら側は常に見える状態になるので、多めにしてあります。
まずリアの140mmFanを「すみれLED」に換装。
そのFanの横にアクリル板とLEDホルダーで簡単な物を作成し設置。

同じく右側


スポット的な感じで天井部分にホルダーを3個設置。
好きな角度に調整が可能で、照らす部分によって全体が明るく見えたり暗く見えたりします。

以上、左側に3個・右側に6個・リアFanに4個の合計13個。
色はすべて星和電気さんの「すみれLED」です。

クーラントが光を通さないのと、サイドパネルがスモークアクリルなのとで、
全体的に暗めな感じなってます。
まぁ、モニタの付近に設置しますし、暗めのほうが都合がいいかな。

配線の作成画像はありませんが、CRDを使った直列で配線しています。
LED3個+CRD1個を1セットにし、右側のみ2セットを並列に繋いであります。
電源はマザーボードのFan用3PINから取ってるので簡単にできる方法ですね。

これにて全工程完了です。
完成画像の公開は明日記事にしてUPする予定でいます。

Posted on 2013/07/14 Sun. 20:17 [edit]

Prodigy  /  TB: 0  /  CM: 2

BitFenix Prodigy Mod episode.5 

作業記事を纏めて今回で終わらせようとしてたのですが、
最後の最後にちょっとしたミスをしてしまい、結果2回にわけることにしました。

で、今回は水路を簡単に紹介していきます。
2回にわけてるので、いつもよりは短めになるかと思います。

まずはポンプの設置から。


設置場所は光学ドライブの上です。
蓋のような物を作って、それにポンプを固定する金物を取り付けてます。

反対側から。


蓋を切り抜いてるのはラジエターとの干渉を回避する為です。
2mm厚のアクリル板ですが、切り抜いておかないとラジエター設置不可・・・w

リザーバーからポンプまでの配管に分岐を入れてドレン用の配管を設けてます。

240ラジエターとリザーバーを結ぶ配管。


できるだけフィッティングで近くまで持っていってチューブで繋いでます。

240ラジエターと180ラジエターを結ぶ配管。


S字のフィッティングで手前に出してからチューブで繋ぎます。
水温センサーはラジエターの入り出に設置。

ここが1番繋ぎにくかった・・・
フロントパネルで指が切れそうになりながらの作業でした・・・w

一応水路を纏めておくと。

ポンプ>Mem>Chipset>CPU>VGA>流水計>180ラジ>240ラジ>リザーバー
といった水路になってます。
1系統の直列で1番わかりやすい繋ぎ方だと思います。

その他の作業です


Fanや温度計のケーブルを延長したりしてます。
光物の製作もしていたのですが、どこかで繋ぎ間違いをしていたようで・・・
テストで電気流した瞬間、煙が出てLEDとCRDがお亡くなりに・・・w
無事に完成してれば記事にできてたんですけどね。

組み立ての途中画像。


現在は組み立てが完了している状態です。(光物以外)
リークテスト&クーラントの注入も完了し、OSのインストールも終わってます。
光物が完成したら、取り付けてマザーボードの3PINに差して全行程完了になります。
今週中にはなんとかなりそうな感じですかね。

次回の記事で光物を紹介して、作業記事は終わりになります。
日曜か月曜には完成画像を公開できるように、頑張ってみますw


おまけです。
今回クーラントにファントムブラックを使用したので色の画像を載せておきます。


クーラントはFluid XP+ ECO EARTH Phantom Blackです。
少し青緑ぽい感じがします。ただ、光は通しません。
注入後のリザーバーやチューブを見ると、まぁ黒ですなw

Posted on 2013/07/11 Thu. 20:00 [edit]

Prodigy  /  TB: 0  /  CM: 3

BitFenix Prodigy Mod episode.4 

少し更新が遅くなりましたが、作業のほうは順調に進んでます。
数時間かけた作業が無駄になった場面もありましたが、まぁそれはよくある事なのでw

4回目はマザーボードトレイ部分の加工と光学ドライブの取付です。
今回使用しているケース「Prodigy」、ITXケースにしては大きめになってますが、
ハイエンドのVGAを設置できるわりに奥行の長い電源が設置できません。
CorsairのAX850だと収めることは可能ですがケーブルが潰れた感じになります。

で、トレイ部分を作り変えてみようかと思い作成。


3点ほど色を変えて作ってみましたが・・・
これ全部使えませんでしたw

寸法が間違っているとかそう言う理由ではなく、
アクリル板だと柔らかすぎてケースがもろに歪みますw
5インチベイ取り外しちゃってるんでトレイまで外してしまうと軽く押しただけで平行四辺形にw

アルミで作ろうかとも思いましたが、元のトレイを加工してみようかと。

潰れるのはスリーブしたケーブルなので側面に穴をあけます。



ホルソーで穴をあけてラインの通りにカットします。
この穴を使って直接24PINケーブルを出します。
Corsairの電源を使ってる方はご存知だと思いますが、
18PINと10PINの28本のケーブルを24本に纏めて24PINになってるんですよね。
仕組みは簡単なんですけど、コネクタの位置が上段と下段に分かれているので、
穴の形が横長ではなく正方形に近くなってます。

次に必要じゃない穴を塞ぎます。


赤線でバツ印を入れてる穴は使用しません。
使用する穴も大きすぎるので必要な部分以外は塞ぎます。

塞ぐと言っても裏側から蓋をするだけです。


マットホワイトのアクリル板を適当な長さにカットして裏側に貼り付けてみました。
皿ネジをトレイ部分に接着剤で取り付けて、アクリルを挟んでナットで固定してあります。

ケースに取り付けてマザーボードを乗せてみます。


違和感ありまくり・・・w
本当はパテ埋めして塗装をすべきなんでしょうけど、正直6ヶ所は面倒w

見慣れてくるとそれほど悪くはないと思うんですw

トレイ部分はこんな感じです。
初めからこれにしておけば、アクリル無駄にせずに済んだのになぁ・・・w


次は光学ドライブの取付です。
頻繁には使用しないと思いますが、一応取り付けておきます。
スペースの問題でスリムドライブを選択。スロットインタイプです。
今回は贅沢にBDにしてみましたよw
BDのソフト1枚も持ってませんけどね・・・w

問題の設置場所ですが、ここ以外に考えれませんでした。


ケースの底です。
考えれんって言うより、ここしか無理だったのほうが正解ですw
ラジエター届いて取り付けてみたけど、ドライブとの隙間が10mmもないですw
防振ゴム挟みたかったけど、無理でしたw

取り付けはアルミのL型アングルを使用しネジ止め。
フロントパネルは切り抜いてあります。

スチールの加工ってあんまやった記憶がないんやけど、アルミに比べると硬いw
同じ加工でもアルミとじゃ倍の時間がかかりましたよ。


現在の内部画像です


180ラジエターと240ラジエターとを結ぶ配管に苦戦しそうですが、
完成まであとわずかってとこですかね。

残る作業はSSD・HDDの固定と配管と光り物ぐらいかな。
順調にいけば、後2回の更新ぐらいで完成画像を公開できるんじゃないかと思います。

Posted on 2013/07/04 Thu. 23:45 [edit]

Prodigy  /  TB: 0  /  CM: 6

BitFenix Prodigy Mod episode.3 

マザーボードトレイ&電源隠しの試作品を2個ほど作成したら、
アクリル板が足らなくなって再度注文する事態に・・・w
残念な事に作った2個の試作品はどちらも使えないし、届くまでトレイ作業はストップだなw

てなことで、今回は一緒届いていたサイドパネルの紹介をしていきます。

先に端材を使って作ったファンコン用のトレイから。


カットしてL型に曲げただけの簡単な作りです。
アクリル板はツヤ消し白のマットホワイトを使用。

スペーサーにファンコンを固定すると


USB接続コネクタ以外は右側に設定されているので、ケーブルを纏めるのが楽。
最終的には蓋をして隠れるので、見えなくなります。
SSD・HDDトレイも同じように作っていきますが、アクリル板が足らないので次回に。


小物はこれぐらいにして、外観のパネル作成です。

まずはサイドパネルから。
今回サイドパネルには透明アクリルではなく、スモークアクリルを使用しました。
スモークアクリルにすることで、電源OFF時は中が見えにくくなります。

サイドパネルに使用するスモークアクリルの厚みは5mm
これにエッジ加工をするわけですが、やり方は前に紹介してるので省いてます。


テーブルソーを使って加工をし、ヤスリ掛け&研磨剤で仕上げてます。
10mm厚に比べると磨く面が少ないので楽でした。

ケースに取り付けて確認


まだ作業が続く為、保護シートはそのままの状態です。
剥がすまでは何とも言えませんが、とりあえずこれでいきます。


フロントパネルの作成
別に作り変える必要はありませんでしたが、
樹脂の安っぽさと5インチベイの開口が気に入らなかったのもあり作り変えることに。

フロントパネルに使用したアクリルはマットホワイトで厚みは3mm
サイドパネルと同じくエッジに加工をいれてます。


フロントパネルのフレームはそのままで、内側の部分だけ貼り直してます。

全体画像


Prodigyってわかるようにメーカーエンブレムを貼り付けてます。

フロンパネルを取り付けたケースはこんな感じ。



サイドパネルに若干の違和感があるような気もしますが、まぁイメージ通りかな。
天板を作り変えたほうが一体感がでるんやけど、角のRが出せない・・・w
趣味レベルの技術なんで、ある程度の妥協は必要ですw


次回ですが、素材やパーツが揃わないことには何もできませんw
トラブルのあったAquatuningから発送完了のメールはきてますが、届くのはおそらく週末。
アクリル板のほうが早そうなので、予定はトレイの作成ですね。

まぁ、慌てずぼちぼちやっていきますかw

Posted on 2013/06/23 Sun. 22:14 [edit]

Prodigy  /  TB: 0  /  CM: 2

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。