百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Danger Den Air Box Mod Final 【episode.7】 

Danger Den Air Box Mod 最終です。

OSのインストールも問題なく完了し、無事に納品することができました。
かなり気に入ってもらえたようで、
自分のPCが完成した時とは違った喜びを得ることができたように思います。

必要ないかもしれませんが、一応構成をw


Danger Den Air Box Mod
【CPU】 Intel Core i5 3470
【MB】 ASRock Z77 Extreme6
【VGA】Evga GTX650 1GB DDR5 01G-P4-2650
【Mem】ADATA AX3U1600GC4G9-2G
【SSD】Intel 510 SSDSC2MH120A2K5
【Case】Danger Den Air Box
【PSU】SilverStone STRIDER SST-ST75F-P
【Cooler】PROLIMA TECH Samuel 17

使用用途がネット・動画鑑賞・ちょっとした事務作業ってことで、
それに合ったパーツを選択させていただきました。
パーツも見た目優先で選んでます。


では、起動します。


フロント・リア




フロントにはファンガードとフィルタを設置。
リアにはフィルタのみを設置しています。
スイッチは白色LEDのリングタイプに交換。

マザーボード周辺





唯一公開していなかったもう1つのLEDは星和電気さんのパステルLED「さくら」です。
まぁ、アクリル板にピンクを使用してましたし、
計画のときにさくら使うみたいなことも書いてましたから予想はついたと思いますがw

アイスブルーとさくら、まったく違った色を組み合わせるのはちょっとした冒険ですね。
同じパステルカラーというのもあり、上手く纏まったと思います。

5インチベイ周り



ファンコンのつまみはシルバーに変更。
表示カラーは白で設定していますが、さくらLEDの光が勝ってるせいか、
ピンクぽい色に変わってしまっていますw
これは予想していませんでしたが、かなりいい感じになってますw

SSDマウント周り



画像ではエッジがオレンジに見えますが、実際は濃いピンクです。
ケーブルが邪魔で上手く見せることができない心配もありましたので、
ケーブルをねじってマウント部分を見せる方法を試してあります。

最後に全体画像です






マザーボードを設置したことで、
Extra Editionで公開したセピア調画像の時とは違った感じになってると思います。
全体的に暗くなったように見えるかな。

でも実際に見ると、かなり派手ですw
派手に美しさもプラスして組み上げたつもりです。
気に入ってもらえたので、派手なPC希望って項目はクリアしているかとw


Air Box ModはExtra Editionを入れ8回に渡って記事にさせていただきました。
金属ケースと変わらない作業しかしてませんが、面白かったw
初めてオールアクリルケースを使用し、久しぶりに空冷で組んでみましたが、
いかかでしたでしょうか?
楽しんでいただけたなら嬉しく思ってます。


次回のMod記事はPC-6BのFinalになりますかねw
久しぶりにケースみたら、ホコリかぶってましたわw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/11 Sun. 19:54 [edit]

DD Air Box  /  TB: 1  /  CM: 14

Danger Den Air Box Mod Extra Edition 

タイトルを見て「なんのこっちゃ?」って思うかもしれませんが、
番外編的な感じで、Mod作業完成後の全体画像を公開しておきます。

前回のMod記事が少し長めになってしまい全体画像を載せてなかったんですよね。
完成間近ってことで、アクリルケースの保護フィルムは剥がしてます。
LEDの状態を見ていただきたいのもあり、点灯させてますがカラーでの公開は避けてます。
カラーはFinalでお見せしますので、今はセピア調でご覧下さい。

前面


側面


斜め


実際はマザーボードがトレイに乗りますので、
角度によっては光が変化しますがこんな感じになってます。

残りのケーブルのスリーブも完成し、調整も完了させてます。
後はメインパーツを組む作業のみ。

パーツは本日注文してあり、明後日にはすべて手元に届くと思います。
依頼者の都合もあり、Final記事のUP日時をお伝えすることはできませんが、
近日中には書けるんじゃないかと思ってます。

画像編集してて思ったんですけど、セピア調のPCもいいなぁw
アクリルケース・モノトーンカラーのパーツ・電球色LEDでセピア調にならんかな?w
なんてくだらない事を考えたりしてますw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/06 Tue. 21:50 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 7

Danger Den Air Box Mod episode.6 

引き続きアクリル板を使ってパネル作成です。
画像が14枚にもなってますので、少し長くなるかもw

まず、DVDドライブのマウント作成から。


3mm厚の集光ピンクアクリルを使用。
少し変わった形にカットしていますが、これを曲げていきます。


こんな感じの曲げ方は結構難しいんですよね。
1㎜でもズレると左右のバランスが悪くなります。
これに蓋を取り付けますが、蓋を固定したとき斜めになってしまいます。
横幅が5インチベイの幅と同じサイズにする必要もあり、かなり面倒ですw

これに取り付ける蓋の作成。


蓋は2mm厚の乳白マットアクリルを使用。
カットして穴をあけてるだけですが、干渉する部分があり1.5mmほど段差をつけてあります。
内側の穴4つにファン分岐基盤を取り付けます。


固定はネジを使用。
横から見ると、ネジ>アクリル板>5mmスペーサー>基盤>10mmスペーサーって感じです。

蓋を取り付けて5インチベイステーに取り付けます。


蓋をすることで箱型になり、DVDドライブはこの箱の中に収まります。
DVDドライブの固定は1㎜アクリルを90°に曲げて作ったL型アングルを使います。
マウントはこれで完成です。

次に5インチベイのフロントパネルの作成です。
正直、これはもう作りたくないw
今までいろんな加工をやってきましたが、1番面倒な加工ですw

ファンコンLamptron FC5 V2のフロントパネルは金属で色は黒。
黒はできるだけ使いたくないので、取り外してます。


フロントパネルの厚みは4mm
このフロントパネルと同じ物をアクリルで作成するのですが、裏側に加工がしてあります。


3mmの深さで溝が掘られていて、溝にファンコンの表示パネルがはまるようになってます。
さすがに4mmのアクリル板にこの加工をするのは無理なので、
3mmアクリルと1㎜アクリルをひっつけて4mmにしてみようかと。

(これが2mm厚のアクリル板を使わず3mm厚のアクリルにした理由です)

5インチベイの大きさにカットした3mmと1㎜アクリルを重ねて加工していきます。
3mmは集光ピンクアクリルを1㎜は透明アクリルを使用しています。


ツマミの穴をあけた後の画像になりますが、穴の直径は10mm。
これズレると早い話が失敗になります。
下穴あけて、いきなり10mmビットでやると確実にズレるんですよね。
で、2mmで下穴あけて、3mm>4mm>6mm>10mmの順に穴を広げてます。

これにスロットインの切り抜きとファンコンの表示パネルの切り抜きをします。


作業中の画像です。
3mmアクリルは少しなら無理をしても割れることはありません。
しかしこの切り抜きだけは無理ができないw
かなり細いラインで切り抜く必要があります。
切り抜きはアクリルカッターだけでやることが多いのですが、
これだけはリューター使用してます。(粉まみれになるのが嫌なんですw)

切り抜き後、やすりで調整します。


さっきも記載しましたが、もうこれは作りたくないw
切り抜いて穴あけただけですが、面倒くさすぎるw

5インチベイに取り付けてみます。


無事収まりましたw

1㎜厚のアクリル板も同じ加工をします。


こちらはスロットインの切り抜きだけです。

5インチベイに取り付けます。


若干ズレてますので調整する予定です。
下側もネジで固定したほうがええかな。

ツマミはアルミ製のシルバーに変更します。
ネジで固定するツマミでそのネジが深い位置にある為、ツマミをカットする必要がありそうです。

最後に内部の画像です。


黒がかなり減ったw
マザーボードやVGAで黒が増えますが、できる限りのことはやりました。

Danger Den Air Box Mod、
LEDの換装から始まりアクリル板でパネルの作成まで進めてきました。
一応、これでMod工程はすべて完了です。
少し調整が残っている部分もありますが、記事にはしません。

メインパーツを組んで、起動チェックをして納品。
その後で、episode.7として完成画像を公開しようと考えています。
少し間があくと思いますが、しばらくお待ちください。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/04 Sun. 21:47 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 5

Danger Den Air Box Mod episode.5 

アクリル板3mm厚の加工は思ったように進まない・・・

予定では、すべて完成させて記事するつもりでしたが、画像の枚数も多く、
かなり長い記事になりそうなのでパネル作成の記事、2回を3回に変更します。
完成しなかった言い訳じゃないですよw

冒頭でも述べていますが、今回は3mmのアクリル板を使用しています。
これには理由があり、3mmじゃないと上手くいかない部分があるんです。
2mmと3mmを使い分けるほうが作業効率はいいのですが、
3回も買い直しをしていて、さすがにこれ以上アクリル板にお金をかけれないw

オレンジにしか見えない蛍光ピンクエッジアクリルを購入してなければ・・・w

で、新たに購入した集光ピンクアクリルがこちら。


やっと当たり引きましたわw
エッジ部分が濃いピンクになりますが、イメージ通りの色を手に入れましたw

画像右側のカットして下書きしているアクリル板を加工していきます。


加工と言っても切り抜いて曲げただけです。
画像でどこに取り付けるか分かりますよね。

取り付けるとこんな感じになります。


電源を隠すと言うより黒を和らげる感じですかね。
これに乳白マットアクリルで作成した蓋を取り付けます。


できればネジで固定したかったんですけど、マザーボードトレイとの隙間が2mmほどしかなく、
ネジの頭がトレイと干渉してしまう為、アクリル用接着剤で固定してます。

電源へ戻します。


電源にどうやって固定すかかなり悩みました。
Silver Stoneの電源はコネクタの上に穴が4つあり、内2つにM3のタップが切られています。
保証の問題で電源をバラすわけにはいかないので、この2つの穴を使用して固定してます。



次にSSDマウント作成。

加工はカットと穴あけのみなので、完成画像のみにしてます。


マザーボードトレイに固定した3本のアクリル丸棒を差し込みます。
マウントはマザーボードトレイに合わせた形にカットしてます。
普通に四角ってのも面白くないですしね。

マウントにSSDを直に取り付けるとケーブルが差せませんので、
ポリカナットを加工して2mmほど浮かして固定します。


実際はこの上にマザーボードがきますから、ほとんど見えなくなります。
見えないのにここまでする必要はないのかもしれません。
でも依頼品とは言え妥協はしたくないw

後は隣の5インチベイ部分に手を加えて完了です。
DVDドライブのマウントは完成していますので、
固定するアングルとベイパネルを作成し、episode.6として明日UPします。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/03 Sat. 21:54 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 12

Danger Den Air Box Mod episode.4 

アクリル板が届いたのでAir Box Modでメインの加工を進めていきます。
しかし、またしても色が合わないw
カラーエッジアクリルの蛍光ピンクを購入したのですが、オレンジにしか見えないw
光を当てると確かにピンクに光ってくれますが、それじゃダメなんですよね。
ダメな物を使うこともできないので、その日の内に集光ピンクを購入。
到着はまだですが、日曜までには届くかと。
てか、届いてもらわないと困るw

とりあえずピンクを使わないパネルを作っておきました。
アクリル板は片面マットの乳白アクリルを使用。
裏面はツヤがありますが、表面はマットになってるのでツヤがありません。
ケース内部の反射を控えめにするつもりなので、このアクリルを選んでます。

まずは下書きから。


下書きでなにを作るかわかりますよね。
ケースに付属されていた、黒いやつをこのアクリルで作ります。

これをカット。


カットしたアクリルを曲げて穴をあけます



曲げ加工ですが、
アルミとは違ってアクリルは時間との戦いになるので作業中の画像撮ってませんw
外側を先に曲げて内側を曲げる順序で加工してます。

近距離で2ヶ所曲げるのは、かなり面倒。
熱を当てるラインが見づらくて1ヶ所だけ1mmズレたとこがあります。
たかが1mmと思うかもしれませんが、パネル作成で1mmはかなり大きいんです。
パッと見た感じじゃ分かりませんが、よく見ればすぐ分かるレベルですね。

手作業なので、これ以上綺麗に作るのは無理なとこもあり、
調整し目立たなくなってるので、ズレてますが作り直しはしません。
完璧な物を作るとなると、アクリル板が大量に必要でしょうしw

ちなみにカラーエッジアクリル蛍光ピンクはこんな色です。


一応作ってはみたんですw
この色じゃパステルLEDと合わないんですよね~
イメージ通りの色ってなかなか見つからないものです。

ケースに付属していた黒いI/O Shieldと比較。


スロットはVGAで使用する2ヶ所のみ切り抜きしてます。
ケース付属のI/O Shieldは1㎜のアルミ板で、作った物は2mmのアクリル板。
1mm違うだけで寸法出しに苦労させられました。

アクリル板に限らず素材を曲げた経験のある方はわかると思いますが、
素材の厚みを引いた寸法で曲げないと厚みの分だけ長くなります。
仮に2mm厚のアクリル板を10cmで曲げるとします。
その場合10cmから2mm引いた9.8cmで曲げないと10cmにはならないんです。
これがS字曲げになると2mm引く部分と4mm引く部分がでてきます。
言葉で説明するのは難しいので、よく分からんかもしれませんが、なんせ面倒なんですw

作成したI/O Shieldは縦横とも1mmのズレはありませんでした。
奥行で1mmズレが生じましたけどねw

ケースに取り付けてみます。


普通に透明アクリル使えばよかったかもって思ってますが、とりあえずこれでいきますw

黒と白の比較も。


白の上に黒をかぶせちゃってますが、違いは分かるかと思います。
色を変える為に作成したI/O Shield、ケースと同じ素材にしたのも正解ですかね。

確率はかなり低いですが、透明アクリルかカラーエッジアクリルで作り直すかもw
まぁ他にも作る物があるので、作業の進み具合で決めるとします。

次回もアクリル板を使ったパネル作成の紹介です。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/10/31 Wed. 19:18 [edit]

DD Air Box  /  TB: 0  /  CM: 9

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。