百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Lian Li PC-6B Mod Final 【episode.27】 

ようやく休みのない生活から開放され週1日はMod作業ができるようになりました。
1月の更新は、わずか2回とつまらんブログになりつつありましたが、
2月からは今までと変わらない更新回数を目指していきます。

帰宅が早くブログを書く時間があった日もあったんですけど、
どうせなら次書くときはModにしようと思い、あえて書きませんでしたw
ってことで、今回はPC-6B Mod Finalです。

去年の6月に計画をしてから半年以上経過しての完成です。 長かったw
時間をかけて良い物を作るほうがいいんでしょうけど、かけすぎるのはよくない。
完成まで3ヶ月ぐらいがベストかな。 それ以上はモチベーションが持たないw
今回のModでは、それが1番勉強になったw

じゃいきます。
各部の説明は作業記事を見てもらえばわかると思うので、省略します。

まずはどうでもいい構成から。
【CPU】  Intel Core i5 3570
【MB】  ASRock Z77 Extreme4
【VGA】  Zotac GTX570
【Mem】  Corsair CMT4GX3M2A2133C9
【SSD】  PX-128M5P M5 Pro Series
【Case】  LianLi PC-6B
【PSU】  Corsair AX850
【FanCon】  T-Balancer BigNG

<水冷構成>
Pump + Top
  Swiftech MCP655T Series 12 VDC Water Pumps With Speed Control
  Bitspower D5 Mod Pump Top V2
  Bitspower D5 MCP655 Mod Kit - Red Finish
CPU Water Block
  EK Water Blocks EK-Supreme HF - Acetal+Nickel
VGA Water Block
  EK Water Blocks EK-FC570 GTX SE
Radiator
  BlackIce GT Stealth 360mm
  BlackIce GT Stealth 120mm X Flow
Radiator Fan
  Scythe Gentle Typhoon Fan 1150 rpm x5
Reservoir
  Tecnofront Challenge X1 Dual Bay Liquid Cooling Reservoir
Fitting
  Bitspower & Monsoon
Fluid
  Fluid XP+ EXT (Extreme Performance) Coolant - Blood Red
Tube
  Tygon R-3400 3/8ID (1/2OD) & Tygon R-3603 3/8ID (5/8OD)










めっさ画像撮ったのに使えるのがこれだけしかなかったw

水路は
ポンプ → 流水計 → フィルタ → VGA水枕 → CPU水枕 → 120ラジ → 360ラジ → リザ

熱源2つと軽めの水冷になってますが、複雑にしすぎた為かエアー抜きに苦労しました。
リザーバーはやっぱ上のほうに設置するべきですw

今回も色々と問題がありましたが、なんとか完成させることができました。
正直ブログやってなかったらボツにしてたと思うw

次回ModはM8です。
M8 Modは3回目になるので、もういじる必要がない仕上げにできればと思ってます。
時間が少しあいているので、再度纏め直しをしてから作業に取り掛かる予定。
2月中には開始しますので、もうしばらく待ってください。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
スポンサーサイト

Posted on 2013/02/03 Sun. 23:24 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 7

Lian Li PC-6B Mod episode.26 

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

2013年一発目はPC-6Bの完成記事にしようと予定していましたが、
元旦の作業中に指を痛めてしまい、3日ほど作業をストップしてまして・・・
年が明けて6日経ってますが、まだ完成に至ってません。

残る作業は各所の調整と水路用の穴あけ、リークテストとクーラント注入のみ。
後1日あれば間に合ってたんですけどね・・・
今年もこんな感じで予定通りに進まないことが多くなりそうですが、
マイペースでやっていきますw

今回は年が変わったってことで、どこまで進んでいるのかっての紹介しておきます。

底部。


リザーバー・ポンプ・ラジエターの配管は完了しています。
必要なケーブルもすべて作成済でスリーブも終わってます。

マザーボード周辺。


CPU水枕をmipsからEKに変更しました。
エッジ加工に失敗したマウント1枚は小さめにしてます。

全体。


フロントがかなりシンプルになっちゃってますが、全体のバランスは悪くないかな。
画像のないトップ部分がごちゃごちゃしてますので、フロントはこれぐらいが丁度いいw

パネルの一部をリベット固定にしたんですけど、組立順を考えずリベットを使用した為
1枚パネルが収まらなくなってます・・・w
まぁ、ネジでも順番を間違えると組立不可能なPCですからw

完成まであとわずかになりました。
帰宅時間が早いときは作業する予定にしていますが、
最低でも丸一日は必要で完成は週末になりそうです。
予定通りに進めばの話ですがw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2013/01/06 Sun. 23:08 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 6

Lian Li PC-6B Mod episode.25 

久々のPC-6B Modです。
途中で依頼が入ったとは言え、約2ヶ月半ぶりになりますw
相変わらずモチベーションは下がったままですが、
とりあえず完成させないことには次に進めませんので、
年内完成を目指して作業を進めていく予定です。

25回目は塗装紹介の予定でしたが、塗装はもう紹介しませんw
缶スプレーで吹き付けるだけなので、あんま面白くないw

そういうことで、今回はSSDとHDDマウントにちょっとした加工を。
折角なんで新たに購入した電動工具を使用することに。

PC-6Bのマウントには8mm厚のアクリルを使用しています。
厚さ8mmだとエッジ部分をどうにかしたくなるんですよね。

安易な考えかもしれませんが、エッジ部分を斜めにカットしますw


わかりにくいけど斜めにカットした後です。
テーブルソーに慣れてないのもあり、切断途中に何度か弾かれましたが、
なんとか思い通りにカットできたんじゃないかなと。

これにペーパーをかけて仕上げていきます。
まずは240番で刃の目を消していきますが、この作業が結構面倒。
使いこなせてないのもあって、所々刃が深く入った部分が発生。
真っ直ぐにカットするのは簡単ですが、刃の目を出さずにカットするには
もうしばらく時間がかかりそうです。

刃の目が消えたら400>600>1000>1500とかけていきます。
アクリル専用研磨剤で磨いて完成です。


わかりにくい・・・w

一応拡大画像を用意しました。




カットしたのは見える部分の二辺で、短いほうは「く」の字にカットしてます。
長いほうは80°の角度で斜めにカットしてあります。

作業時間は約30分。
手作業でも電動工具を使った作業でもヤスリ掛けで仕上がりが変わりますね。

後はこれをもう1枚作ればいいわけですが・・・
まぁ、よくあることですけど・・・

失敗しましたw


こっちの板を先に加工したんですが、見事に穴にかかってますw
これじゃパイプも通せませんので、小さくするしかなさそう・・・w
少し考えて失敗した板にも加工することにします。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/12/26 Wed. 22:23 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 8

Lian Li PC-6B Mod episode.24 

予定なら塗装をするつもりだったのですが、どうも天気がスッキリしてない。
雨は降ってませんでしたが、塗装は中止にしました。

ちょっとした作業が結構残っているので、それをやりながら水路を組んでみました。
順番が入れ替わった感じになりますが、24回目は水路の紹介をしていきます。

まずは見える部分から。


赤い矢印の方向に流れていくのですが、わかりにくいw
説明をいれると、2本並びのアクリルパイプの左側にポンプからの配管をつなぎます。
天板部に設置した流水計とフィルタを通過して右側のアクリルパイプに流れます。
左側のアクリルパイプは下から上 右側のアクリルパイプは上から下。
配管は蓋を貫通して1番右のMonsoonフィッティングにつながります。
CPU水枕を経由し、右から2番目のMonsoonフィッティングへ。
また蓋を貫通し、裏側で3番目へ進んでいきます。
VGA水枕を経由して4番目につながり、蓋裏で120ラジエターへの配管につなぎます。

蓋の部分に仮置きしているフィッティングは位置が変更になるかもしれません。

続いて天板部。


流水計からフィルタへ流れていくだけなので、これはわかると思います。

最後に下部。


順に説明すると。
天板部に設置している120ラジエターからの配管が360ラジエターへつながります。
360ラジエターを経由してリザーバーのINへ流れていきます。
このつなぎはロータリーフィッティングが使えるスペースがなく、
角度調整ができないフィッティングをソフトプライヤーで無理やり角度を合わせてます。

リザーバーから出た配管を2系統にし、
1系統はポンプへつなぎ、もう1系統はドレンにしています。

かなり面倒な配管になってますが、スペースが限られてるので簡単にするのは難しいw
やっぱ水冷は大型ケースのが組みやすいですね。


載せる予定はなかった左側のサイドパネル切り抜きです。


排気ファンのほうはエキスパンドメタルを使用。
ポンプが見える窓には透明アクリルを使用しています。

Mod作業の紹介は以上です。

メインパーツが届いたので、一応紹介を。


構成の予定を記載したときと違ってます。
CPU・・・3570
SSD・・・Plextor PX-128M5P
HDD・・・WD7500BPKT(2.5インチ)

Window8が今月末に発売されるようなので、待とうかとも思いましたが、
DSP版Windows7を期間内に購入すると1200円でWindow8買えるらしいので、
迷うことなくWindow7を選択しています。


次回は塗装です。
2種類のラッカースプレーを使用するのと、塗装するとこが多いのとで、
1日で完了は時間的に無理だと思います。
記事には塗装後の完成画像を載せるつもりで、
2週間ほどPC-6BのMod記事がUPできないかもしれません。

その間、パーツの紹介等の記事になるんじゃ? そんな心配はいりませんw

なぜなら。


DD Air Box Mod始動します!w
近日中に計画から記事にしていきますので、しばらくお持ちください。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/10/14 Sun. 21:41 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 4

Lian Li PC-6B Mod episode.23 

いつもなら平日にもMod作業を帰宅してから行ってるんですが、
今週はバタバタしていて、ケースを見ることすらなかった・・・
なので、1週間ぶりの作業になります。なんか久しぶりだw

作業のほうは予定通りサイドパネルの窓の作成になります。
宣言通り、窓には強化ガラスを使用してます。
普通のガラスなら穴をあけたり、カットするぐらいは個人でもできますが
強化ガラスは加工ができません。

サイドパネルへの取り付けを両面テープ等で行うと穴を開ける必要はありませんが、
アクリルと比べ重量がある為、ここはネジ固定したいところ。
ネジで固定となると当然穴をあける必要があります。

強化ガラスには穴をあけることができないので、考えたのが
ステンドグラスの技法を使ってガラスとアクリルをひっつける方法です。

ステンドグラスを作るのには長年の経験が必要でしょうけど、
ひっつけるだけなので、私のような素人でもできます。

やり方は順を追って説明していきますが、少し予定を変更していますので、
それを先に紹介しておきます。

サイドパネルを切り抜いたときに大きな窓には強化ガラスを使用して、
小さい窓にはスモークアクリルと記載していましたが、こちらもガラスに変更してます。

スモークアクリルよりも明るめで透明よりも暗めのガラスを選んでみました。


ガラスの種類はアンティークガラスで色はブラウン系。
これは自分でカットしリューターで研磨してあります。

ガラスのカットはガラスカッターで簡単にカットできますが、
研磨は専用のリューターが必要です。


このリューター、砥石の部分に水がでます。
穴をあけるときもそうですが、水を加えてあげないと簡単に割れます。
特殊な工具ですし、金額もそれなりにしますので今回はお借りしました。

変更は以上です。

では、窓の加工を。
サイドパネルから寸法を取り、アクリル板をカットしたものとガラスを合わせていきます。


使用したアクリルはブラウンスモークアクリルで厚みは3mmです。
いつも2mm使っているので3mmの加工は面倒w
カットしてヤスリ掛けをしただけですが、2時間ぐらいかかってます。
吸気部分のエキスパンドメタルを挟み込むのにアクリルを下方向に延長してみました。
この方法は、bloomさんからのコメントを参考にさせて頂きました。

エキスパンドメタル固定法のアイデアを出してくださった
りくんちゅ。パパさん・bloomさん、ありがとうございました。


これを接着していきますが、まずテープを貼ります。


ステンドグラスで使う、カパーテープです。
テープ幅や接着面の色でかなりの種類があります。
今回は、テープ幅が6mm弱で接着面の色が黒の物を使用しました。

このテープを貼っていきます。


ひっつける部分に貼っていきますが、貼り付けが甘いと最悪なことになるんです。
素材の厚みより幅の大きなテープを使用して面の部分にもテープがくるようにします。
アクリルが3mmでテープ幅が6mm弱なので折り返しが裏表共に1.5㎜弱ですね。
裏表の幅が違うと仕上げに差がでますが、
見えない部分なので、気にならない程度で貼り付けてます。
ヘラ等を使用し剥がれないように密着させます。

すべて貼り付けるとこんな感じに。


かなり地味な作業で、ひっつけるパーツが多いとかなり時間がかかります。
スリーブ作業より地味ですw

これにフラックスを塗ってハンダで接着していきます。


まず、点付しズレないようにしておきます。

点付が完了したら、ハンダを走らせていきます。


テープの貼り付けが甘いと剥がれてしまって1からやり直しにw
ハンダ付けは早すぎてもダメですし遅すぎてもダメです。
早すぎると接着が弱くなり、遅すぎるとガラスが割れます。

テープを貼った部分すべてにハンダを付けていきます。


こちらはサイドパネルに取り付ける面じゃないのでハンダを多めにしてます。

反対側。


サイドパネルに取り付ける面はハンダを少なめにし、パネルとの隙間を最小にしています。
ハンダ付けが完了したら中性洗剤でフラックスを洗い流します。

ハンダ部分が見える場合は、この後パティーナを塗ってハンダ部分に色を付けるんですが、
今回は見えないのでこのままでいきます。

仮でサイドパネルにマスキングテープで貼り付けてケースに取り付けてみました。


ガラスが透明なので、よくわからんw

小窓の拡大画像。


アンティークガラスなので独特な模様が入ってます。
実際はこんなに目立つ模様ではないので、嫌味な感じにはなってません。
強化ガラス部分もこのガラス使ってもよかったかなって思ってますが、
とりあえず完成です。

後はアクリル部分とサイドパネルに穴をあけネジで固定するだけ。
赤いネジを注文してますので、到着後取り付ける予定です。

今回の加工でアクリル部分は見えないので問題ありませんが、
アクリルは熱に弱く、ハンダ付けをした時に溶けるとかなり不細工な状態になります。
上手くやれば溶けることはありませんが、この加工にアクリルは不向きなのかもw

次回はいよいよ私の苦手な塗装ですw
ストーン調の黒と普通のツヤ消し黒の2種を使用します。
塗装箇所が多いので、失敗しないとは思ってませんw 結果は次回のMod記事で。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/10/08 Mon. 00:01 [edit]

Lian Li PC-6B  /  TB: 0  /  CM: 2

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。