百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

AX850 Connectors 

Corsair AT850に自作していた単独起動スイッチが使えないので、
コネクタを購入し新たに作ることに。

AT850は電源側に差し込むコネクタが特殊で、18PINや10PINが必要になります。
見慣れないコネクタなので、探すのが面倒になってましたが、
コメントで情報を頂き、その日のうちに購入することができました。

情報ありがとうございます。

教えて頂いたショップは、modDIYってショップで発送元が香港になってました。
Corsair以外にEnermax用もあり、コネクタの種類も豊富で圧着端子も取り扱っています。
日本から近いこともあり、4日ほどで届きます。

購入したコネクタです。


起動スイッチ用のコネクタのみを購入するつもりでいましたが、
使用するケーブルはすべて作り直す為、全種のコネクタを購入しておきました。
電源付属のケーブルを見ながら配線することができるので、
コネクタへの差し間違いを軽減できる利点もあります。

Corsair AX用とうたっているだけあって問題なし。


6PINや8PINは他のショップにも売っていますが、AX850側には差し込むことができません。


見た感じ違いがないよう見えますが、差さる部分の形状が違います。
modDIYには商品名にCorsairの文字が記載されています。

圧着端子も同封されていました。


在庫。


同封されていたのと合わせると、今回のModで足らない事はないかな。
ネジもそうですが、少なくなってくると不安になるんですよねw

ケーブル類の作成は、まだ先になりそうですが、これでとりあえず一安心です。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
スポンサーサイト

Posted on 2012/08/10 Fri. 23:07 [edit]

電源  /  TB: 0  /  CM: 5

OEM 

暑さのせいでMod作業が進んでいない状況ですが、
盆休みを有効活用し進めていく予定にしています。

工程としては、底部にパーツの設置>マザーボードトレイの加工>SSD等のマウント設置
こんな感じで進めていく予定です。

とりあえず、底部を完成させない事には進まないので、足らずのパーツを購入。

購入したのは電源です。


計画ではSeasonic Xseries 850Wを購入する予定でしたが、
Corsair CMPSU-850AXJPに変更しました。

プラグインの配置が同じだったので、いろいろと調べてみたら、
Seasonic Xseries 850Wがオリジナル、Corsair CMPSU-850AXJPはOEMのようで、
元が同じならCorsair CMPSU-850AXJPでもいいんじゃないかと。
まぁ、Corsairのが安いってのが大きいんですけどねw

付属品はこんな感じ。



Corsairの電源は初めて購入しましたが、ケーブルが黒なんですね。
まぁ、ケーブルは作り直すので黒じゃなくてもいいんですけど、箱開けたときの印象が違います。
なんか得したな気分になるw

プラグイン部分。


M8で使っているSilver Stoneとかなり違います。
なので自作スイッチが使えません。


Silver Stone Strider Gold Evolution 850Wのサイズが160mmなら、
迷わずSliver Stoneにしてたんですけどね。

試運転等で単独起動スイッチは必要なので、作るつもりです。

しかしコネクタが特殊。


18PIN・10PINコネクタ売ってるのか調べてみないと。
なかったら24PINメスコネクタで延長かな。

普通に24PINにしてくれてれば問題ないんやけどなぁ。
これスリーブするのかなり面倒な予感がします。
差し間違えて電源が動かない事にならないようにしないと。

まぁこれで、底部のパーツが揃ったので、配置を最終確認して固定していきます。
完了したらMod記事にしますので、しばらくお待ちください。


<報告>
前回の記事で、Aquatuningで支払方法を間違って注文したって書きましたが、
Paypalに変更できますよって返信がきました。
入金確認のメールが届いたので、そのうち届きますマグカップw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/08/04 Sat. 00:15 [edit]

電源  /  TB: 0  /  CM: 2

やっぱ オールプラグイン 

スリーブ加工の記事で電源はオールプラグインしか使わないと書きましたが、
じゃ国内でオールプラグインの電源がどのぐらい販売されているのか?
3台目の電源を選ぶついでに少し調べてみました。

※短時間でまとめたので抜けてる商品があるかもしれません。

まず、80PLUS認証・プラチナム取得電源から。

 【ENERMAX Platimax】
  EPM1200EWT(1200W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:139mmツイスターベアリングファン






 【Seasonic Xseries XP】
  SS-1000XP(1000W)
  SS-860XP(860W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x190(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山陽電気製120mmファン




80PLUS認証・ゴールド取得電源

 【Corsair AX Series】
  CMPSU-650AXJP(650W)
  CMPSU-750AXJP(750W)
  CMPSU-850AXJP(850W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山洋電気製120mmファン
     



 【Corsair AX Series】
  CMPSU-1200AXJP(1200W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x200(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:140mmダブルボールベアリングファン






 【SilverStone STRIDER Gold Evo】
  SST-ST75F-G-E(750W)
  SST-ST85F-G-E(850W)
  SST-ST1000F-G-E(1000W)
  SST-ST1200F-G-E(1200W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:139mm徹甲弾ファン



 【Seasonic Xseries XM】
  SS-1050XM(1050W)
  SS-1250XM(1250W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x190(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山陽電気製120mmファン





 【Seasonic Xseries】
  SS-560KM(560W)
  SS-660KM(660W)
  SS-760KM(760W)
  SS-850KM(850W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:山陽電気製120mmファン



 【Seasonic Xseries Fanless】
  SS-400FL(400W)
  SS-460FL(460W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:ファンレス





 【LEPA G-series】
  G1600-MA(1600W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:135mmボールベアリングファン






【CoolerMaster Silent Pro Hybrid】
  Silent Pro Hybrid 1300W
  Silent Pro Hybrid 850W
 サイズ
  150(W)x86(H)x180(D)mm
 背面スイッチ:あり
 ファン:135mm静音ファン




80PLUS認証・シルバー取得電源

 【SilverStone STRIDER PLUS】
  SST-ST75F-P(750W)
  SST-ST85F-P(850W)
  SST-ST1000-P(1000W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x160(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:135mm静音ファン




 【SilverStone STRIDER】
  SST-ST1500(1500W)
 サイズ
  150(W)x86(H)x220(D)mm
 背面スイッチ:なし
 ファン:135mm静音ファン





以上です。
ラインアップ・電源サイズ・背面スイッチの有無・使用ファンを記載しています。
詳細は各メーカーサイトで確認してくださいね。

検索していたらオプション品を見つけることができました。


画像左がCorsair AX Seriesのオプション品で、スリーブが装着されたケーブル。
画像右がSilverStone電源用のショートタイプのケーブルセットです。


私が電源をオールプラグインにする理由は前にも書きましたけど、
ケーブルの長さ調整がやりやすいのと、
スリーブの色とケーブルの色を同色にするのに、はんだ付けをしなくて済むことです。
後、必要のないケーブルは自分で省くことができるってのもありますね。
ただ、デメリットもありコネクタで接続する為、奥行が長くなります。
MicroやMiniITXのケースだと他のパーツと干渉する場合があるので注意が必要です。

必ず使用するケーブルにプラグインは必要ないと思うかもしれません。
私もModするまではオールプラグインの電源は使ってませんでした。
Modするようになり、ケーブルを作り直すようになってからは、
オールプラグイン電源は欠かすことのできないパーツになりました。
おそらく、これからも使い続けると思いますw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/06/03 Sun. 23:45 [edit]

電源  /  TB: 1  /  CM: 0

電源を単独起動させる方法 

水冷PCを自作されている方やModで光物を多く使わている方はご存知かと思いますが、
PCの電源スイッチを入れずに電源のみを単独で起動させる方法があります。

初めに言っておきますが、
通常の使用とは異なる為、試すなら自己責任でお願いします。
できれば使わなくなった電源を使用されることをおすすめします。

電源を単独で起動させる方法ですが、24PINを使用します。


画像は24PINのコネクタです。
古い電源を使用される場合もあるかと思うので20PINも載せておきました。
画像の四角で囲ってある端子をショートさせます。
24PINは15番目と16番目、20PINは13番目と14番目ですね。
ちなみに24PINの16番目と17番目、20PINの14番目と15番目でもいけます。

ショートさせるにはどうすればいいのか。


単独で起動させるパーツ、売ってます。
これらを使用すればショートさせる端子を間違うことがありません。
画像左は起動と停止のスイッチまで付いてます。

頻繁に使用しないので、わざわざパーツを買うのはどうかとって方には、

 
 Y端子を直接24PINに差し込めば起動します。
 つないでやれば起動するので、
 電線を使ってもいいですね。

 つないでいるY端子や電線がはずれると、
 停止してしまうので
 取れないようにテープ等で
 固定する必要があります。
  


電源背面にスイッチが付いてある場合は、それを使ってON OFFが可能ですが、
スイッチのない電源ってありますよね。
その場合は、ショートさせてある端子(電線)をはずすか、
コンセントの差込を抜くかで停止させてください。(面倒ですけど)

RemoteStart_Mod_01.jpg

海外ではこのようなパーツが販売されてます。
24PINから伸びたケーブルにスイッチをつなぐだけなので自作するのは簡単ですね。
自作でスイッチを付けておくと、手元でON OFFができるので便利ですよ。

水冷PCで電源を2台設置しているのを、見かけませんか?
私も2台設置していて1台は水冷のポンプ用にしています。
ポンプ起動用スイッチは画像と同じ方法で接続してあります。

電源2台を1つのスイッチで起動させたいって方は、


これと同じ物をつくれば、PC起動スイッチで2台の電源を起動させることができます。


普通に自作するのに電源を単独で起動させる事はないかと思いますが、
水冷PCの水漏れチェックや試運転、
ファン等のLEDを変更したときの点灯確認に知っておいて損はしないと思います。

使わなくなった電源がなく、やむを得ずメイン電源を単独起動させるときは、
マザーボードやビデオカード、各ドライブのコネクタは抜いておいてくださいね。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/05/30 Wed. 18:00 [edit]

電源  /  TB: 0  /  CM: 4

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。