百折不撓

水冷PC製作日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

Makita MSJ401 

休日にマネキンを固定するボックスを作成していましたが、
切り抜く場所が多くて・・・
ボックスになってれば記事にできたのですが切り抜くだけで終わってしまった・・・

テーブルソーを使えば時間のかからない切り抜き作業ですが、
小さめの開口には使えないんですよね。
そうなると手ノコで地道にやるしかない。
正直、10mmのアクリル板にファンの開口あけるほうが楽w

まだ残っている切り抜き作業と効率を考えてみると・・・
やっぱ手に入れるしかないw

Makita MSJ401


糸鋸盤です。
いつか手に入れるつもりでいたので、躊躇することなく購入。
まだ使用していないので、どれほどの実力があるかわかりませんが、
大きさといい重さといい期待を裏切らない気がするw
価格から考えるとおそらくDIY用かな。
ユタカの糸鋸盤ほしかったんやけどね・・・ 価格が・・・w
糸鋸盤を頻繁に使うようなら次買うときはユタカにしよう。

レビューは苦手なので、詳しくは書きませんが
作業記事を書くときに、使える使えないぐらいは書こうと思ってます。
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/10 Wed. 23:06 [edit]

Proxxon 28070 

新たな電動工具が仲間入りしました。

Proxxon Super Circular Saw Table No.28070


開封したときに思ったんですが、ちょっと安っぽいw
側がプラスチックなので安っぽく感じるのかもしれません。

思ってたよりも小さくて、これはまたハズレ引いたかなっと・・・

初めは思ってましたが、これめっさ使えますw
今まで切断にかけてた時間がアホらしく思えるぐらいですw

少し機能面の説明を。


6段階の回転数調整ダイヤル付きで、素材別に適した数値を記載してくれてます。
シルバーのレバーで刃を上下に移動でき、その奥の黒いレバーで角度調整ができます。

角度調整は45°まで。


黒いレバーを右に持っていくと、刃の部分が斜めになっていきます。

切断方法


付属している金物をテーブル部分に取り付けて素材の寸法に合わせます。
後は電源を入れて素材を後ろに移動させるだけ。

まずは直線でアルミ板を切断。


今まではアクリルカッターで溝をいれて、金属曲げ機で切断してましたが、
スライドさせるだけで切断できます。
長さ5cmぐらいのアルミを試しに切断してみましたが、10秒かかりませんw
思わず笑みがこぼれるほどですw

次に10mm厚のアクリル板を切断。


アルミ用の刃を使ったのでバリと煙がすごい出ましたが、綺麗に切れます。
アクリルは刃の目が少し荒いほうがいいかもしれません。
調べたら樹脂用の刃があるようで、近日中に購入予定。

最後にエッジに角度をつけて切断。


正直これにはビックリしましたw
欠けることなく、綺麗に45°の角度がつけれます。

こんなことも可能です。


四辺全てエッジ加工w これ作るのに1分かかりませんw

鋸で時間をかけて切断していたアルミのL型アングルやアクリルパイプも、
これがあれば簡単に1分かからず切断できるw
本格的に使用したわけではないですが、私の中では当たりですね。

動作音はリューターで金属切るよりも小さく、屋内で作業してても苦情はこないレベルです。
切り抜きだけはできないので、糸鋸盤もほしいところ。
そのうち同じメーカーで糸鋸盤も購入するかもしれませんw


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/12/22 Sat. 20:52 [edit]

Table Saw 

ソーガイドが木材以外には使えないことがわかり、手動では無理だろうと判断。
ここはやっぱ電動工具しかないと思い、購入に踏み切りました

マキタや日立のカタログを入手し、適した電動工具を調べてみましたが、
やっぱテーブルソーが使いやすそう。

前回紹介した海外メーカーのテーブルソーとマキタのテーブルソー


どちらも同じような形ですが、精度はマキタのほうが良いみたい。
まぁ、精度が良いだけにマキタのほうが高値ですけどw

ただ、これどっちもかなり大きい・・・
重量も20kgぐらいあるので、その辺に転がしとくわけにはいかないw

切断する素材が1.5mmまでのアルミと10mmまでのアクリルなので、
正直ここまで本格的なのは必要ないんですよね。

で、見つけたのが


Proxxon No.28070 スーパーサーキュラソウテーブル

大型テーブルソーに比べると、ブレードが小さいので厚みのある素材は切断できませんが、
1/2ぐらいの大きさで重量も6kg弱と かなりコンパクトw
斜め切断も可能で回転数の調節可と機能は充実してます。
価格はイギリスメーカーのテーブルソーと同じぐらい。

有名なメーカーなのもあり、これに決定しました。 明日には届く予定です。
試し切りをしてみて使用感を記事にするかもしれません。



M8 Mod Ver.3で海外から購入していたパーツが届いてますので、
ついでに載せておきます。




リザーバー(aqualis)は紹介してましたので、省いています。
これで揃ったわけではありませんが、次回発注は来年になりますかね。

一応、素材を購入すればModにかかれる状態になってます。
年末年始の休暇には問題なくMod作業に取り掛かれそうです。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/12/21 Fri. 23:25 [edit]

安物買いの銭失い 

少し前に厚みのあるアクリルを加工するのに使えそうな工具を紹介しましたが、
実際に使えるのか試してみましたので、まぁ見てやってください。

ソーガイド・エフ 30102


真っ直ぐ切断したり、角度をつけたりできる工具で本来は木材用。
これをアクリルにも使えないかと思い購入してみました。

使い方


鋸刃を本体の円部分の隙間に入れて使います。
3mmまでのアクリルならアクリルカッターを使ったほうが早いので、
まずは10mmのアクリルを真っ直ぐ切れるのかを試してみました。


何度も試しているので傷まみれになってますが、深く切れてるとこに注目してください。
結果から言うと、真っ直ぐ切れます。
しかし、これだけ切るのに10分ぐらいかかります。
10cmの長さ切るだけで30分ぐらいかかるかもしれませんw
真っ直ぐ切れるのはいいけど、はっきりいって使い物になりませんわw

今度は2mm厚アクリルのエッジを45°にカットできるかを試すことに。


はい、使えませんw
ちゃんとした作業台で工具が動かないように固定できれば使えるのかもしれませんが、
作業台作るだけで電動工具が買えそうw

価格が安く、購入したときは「使える」って思ってましたけど、そんなに甘くなかったw
値は張りますが電動工具を購入すべきかな。

切断用の電動工具はディスクグラインダーとリューターしか持ってないので、
新たに購入する予定にしてます。

ジグソーが手頃で使いやすそうですけど、思い切ってテーブルソーにしようかと。
手頃な価格のテーブルソーを探してみると・・・
イギリスのメーカーで使えそうなのを見つけました。


テーブルソーも木材用がほとんどですが、こいつはアルミや塩ビも切れるみたい。
角度もつけれるようなので、エッジ加工もできそうです。
DIY用なので少し安っぽく見えますが、価格面を考えると こんなもんかなと。

他にも気になったのがProxxonのコッピングテーブルソー。
細かい作業にはこちらのほうがむいてそう。
2台あってもいいんやけど、問題は置き場所なんですよねw
置き場所を確保しながら、ちょっとずつ揃えていくことにします。

ちなみに今回紹介したソーガイド、今は押し入れの奥に眠っていますw



ランキングをブログ村ランキングのみにしました。
クリックするかしないかは自由ですw
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/12/16 Sun. 22:27 [edit]

加工可能? 

新たな加工に挑戦する為、久しぶりに工具を購入。
主にアクリルの加工で使用することになると思います。
DD Modする前にアクリル加工のレベルアップになればと。
そもそも成功するかどうかもわからん加工なんで、レベル云々の話じゃないかもですがw

パネルの作成には厚みのないアルミ板やアクリル板を使用していて、
アルミ板で1mm~1.5mm アクリル板で1mm~3mm これ以上の厚みになると、
加工が難しくなり、真っ直ぐカットするだけでも時間がかかったりするんです。
そんな理由で厚みのある板は避けていたんですが、
アルミはともかく、アクリルは厚みあるとかっこいいんですよねw
ケースと同じ厚みだとバランスが良くなりそうですし。

結果、挑戦するしかないw

初歩的なことかもしれませんが、真っ直ぐカットできないと話にならない。
10mm厚となるとアクリルカッターでは時間がかかりすぎるので、
リューター等の電動工具かアクリル専用鋸のほうが効率がよさそう。
左右の歪み+表裏の歪みを気にしつつ真っ直ぐ切る方法・・・

探したら案外すぐ見つかったw

要は鋸の刃がブレなきゃいい。

で、これ。


ソーガイド・エフ 30102
丸の部分に鋸の刃を差し込んでスライドさせながら切っていく道具です。
元は木材用らしいのですが、アクリルでもいけるんじゃないかと。

使い方はこんな感じです。


左手ズレたら終わりですが・・・w

角度切りができるってことで、テーパー加工もできるような気がするw


普通は機械加工なんだろうけど、
これが手作業でできれば四角にカットしただけのアクリルでも見栄えが良くなりそう。
誰でも簡単に『直線・角度切り』ができます。って言葉が個人的にひっかかりますが、
物が届いたら実際にやってみますw

成功しても失敗しても、とりあえず記事にしてみようかと思ってます。
まぁ、期待しないでお待ちくださいw



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

Posted on 2012/11/30 Fri. 23:49 [edit]

Profile

Counter

Categories

My PC

Request PC

最新記事

最新コメント

メールはこちらから

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Amazon検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。